manabilife

教育・節約・投資

2022年上半期のSIM戦略_BIC SIMのキャンペーン&povo2.0で実質無料を継続

f:id:manabilife:20220116164332p:plain

楽天モバイルの1年間無料が間もなく終了。固定費である通信費はできるだけ抑えたいもの。楽天モバイル1年間無料時には何も気にせず通信をしていたので、以前より使用するギガ数はだいぶ増えてしまいました。無料期間終了後は不要な通信は控えていくのは当然として、再度SIM戦略を練り直しておく必要があります。以下、使用端末と利用予定のSIMを記載します。

【端末①】AQUOS Sense6(4GB)

(nanoSim)BIC SIM:ギガプラン2GB(月額税込858円)

(eSIM)利用せず

【端末②】KYOCERA KYF37(ガラホ

(nanoSim)povo2.0(月額0円 最安運用年間660円)

 

BIC SIM:ギガプラン2GB】

ビックカメラ店頭でMNPで音声通話SIMを申し込んだ場合、2022年1月31日まで16,000プレゼントのキャンペーンを実施中(定期的に実施しているよう)。また、初期費用1円のキャンペーンも実施しているので、初期費用は1円+SIM発行手数料(ドコモ回線の場合433.4円)に抑えられます。キャンペーン対象になる音声通話SIMの最安値は2GBで税込み858円BIC SIMの支払いにはBICポイントを充当する事もできるので、単純計算すると、16,000÷858で約18ヶ月無料で利用できる計算になります。楽天モバイルからのMNPで、楽天LINKは使えなくなりますが、通話料は、16,000ポイントのプレゼントで十分カバーできます。場合によっては、楽天リンクを利用するために楽天モバイルを再契約する事を検討してもいいかもしれません。

BIC SIMは実質的にIIJMIOと同じサービス内容ですが、無料WIFIの「ギガぞう」を利用できるという点でIIJMIOよりも勝っています。店舗でなければキャンペーンの適用にならないというデメリットがありますが、IIJMIOの契約を検討していて、近くにビックカメラの店舗がある人は、一度店舗に足を運んでみるといいと思います。将来的には、ギガプラン(データSim)2GB に切り替える予定ですが、しばらくは様子を見ます。

【povo2.0】

受信専用端末として京セラのガラホに基本料無料のPovo2.0を指して利用。ガラホはバッテリー持ち、通話のしやすさ、伝言メッセージ、防水防塵、携帯性など、どれをとってもスマホ2台持ちよりも便利。6ヶ月に一度トッピングを利用する必要がありますが、KYF37はテザリングも利用できるので、テザリングを利用したい時に、最安値トッピングの24時間使い放題(330円)を利用すれば、年間660円で受信専用端末を維持できます。

 

楽天無料利用時のような比較的高速な通信を無制限で利用できる環境は維持できませんが、無駄な通信で時間を浪費するリスクがなくなるので、必要最低限の通信に抑えて、固定費実質ゼロ円を維持していく予定です。

manabilife.hatenablog.com

manabilife.hatenablog.com

月に1度のお楽しみ aupayマーケットお得ショッピング_2022年1月

f:id:manabilife:20220112004950p:plain

月に1度のお楽しみ、今月のauPayマーケットはポッカの缶コーヒー90本です。今月はauスマートパスプレミアム会員の特典が少し改悪。今までは3,000円以上の商品で300円の割引クーポンが使えたのが、今月は4,000円以上で300円の割引に改悪されました。しょうがないから4,000円以上の商品を探していたところ、ポッカの缶コーヒーが4,180円という事で、ポチッとしました。

【販売価格】4,180円

この価格自体も一本あたり46.4円とかなりお得です。

【割引】

・300円引きクーポン

Pontaポイント1.5倍増量(2,000Pontaポイント→3,000Pontaポイント)

【支払金額】

2,704円(2,000Pontaポイント+704円)

【還元ポイント】

・モッピーポイント 41ポイント(販売価格の1%)

Pontaポイント70ポイント(支払金額の10%)

【実質金額】

2,593円(1本あたり約29円)

ポイント以外で支払った704円から、還元される111ポイントを引くと693円。ポンタポイントもいつの間にか貯まったポイントを使っているので、実感としては693円で90本分の缶コーヒーを買った感覚です(1本あたり7.7円)。もはや、飲み物を自販機やコンビニで買う気にはなれません。できれば、クーポンの利用条件をもう少しゆるくしてほしいですが、今の状態でもギリギリ許せる改悪です。今月もauPayマーケットに感謝です。

 

テザリングもSMSもOK_povo2.0&ガラホの最安運用は年間660円

f:id:manabilife:20211230081423p:plain

ガラホ」を受信専用携帯にするメリットは多くありますが、povo2.0は「半年に1回トッピングを購入しないと、利用停止・契約解除・所定の手数料等の費用がかかる場合がある」という規約があるので注意が必要です。

基本ゼロ円運用で、SMS付きの通話(受信)専用端末として利用していますが、半年に1回トッピングを購入する際に、ガラホではほとんどネット利用をしないので、もったいないなと感じていました。また、たまに付与されるサービスギガも、使い道がないので、やっぱりスマホで運用したほうがいいのかと考えることもありました。

しかし、、、povo公認の対応端末GRATINA KYF37」にはテザリング機能があるので、トッピングで購入したギガやプレゼントされたギガも無駄なく利用できます。しかも、povo2.0はテザリング利用料無料povo2.0のトッピング最安値は、24時間データ使い放題330円なので、年2回利用を想定すると年間660円でSMS付きの通話SIMを利用する事ができますスマホよりもコンパクトで、電池持ち持ちもよく、ケースやフィルムなども不要なので余計なコストもかからない。受信専用として「GRATINA KYF37」を利用する価値は高いと考えます。

 

端末は、新品であれば2万円程度、中古で4千円程度で購入できます。2021年12月30日時点では、PayPayフリマで2000円台で販売されていました。新品だと割高なので、抵抗がなければ中古品で十分だと思います。

 

【povo2.0ガラホ運用のメリットまとめ】

・基本料無料でSMS利用可能

テザリング利用料無料

・最安運用は半年に一度24時間データ無制限のトッピングを購入(330円×2)

・連続待受時間500時間

※通話頻度も多くないので1週間に1回程度の充電で利用できています

・防水・防塵・耐衝撃

スマホよりもコンパクト

・フィルムやケースなどの付属品の購入の必要なし

・無料通話5分のオプション利用なら月々550円

AQUOS Sense6(4GB )2週間レビュー_ライトユースなら大満足

f:id:manabilife:20220101101905p:plain

AQUOS Sense6(4GB)を使用開始して約2週間。普段使いなら全く問題なく、快適に利用できています。購入価格はPayPayフリマで28,700円。ケースもaupayマーケットで謎の大特価198円で購入できました。用途に応じて必要最低限のスペックの機種を購入するのがスマホ選びのポイントですね。以下の使い方をするのであれば、AQUOS Sense6(4GB)で十分だと思います。

 

【必要機能】

・デュアルSIM対応(できればesim対応)

おサイフケータイ対応

・バッテリー持ち

【用途】

・Line

Twitter

Youtube

・メール閲覧

・Webサイト閲覧

・Rakuten LINKによる無料通話

スマホ決済

・学習系アプリの利用

・金融系アプリの利用(銀行・証券)

ほぼゲームは利用しないので、上記用途でハイスペックなスマホは必要ありません。

 

【2週間レビュー】

①バッテリー持ちは評判通り

今まで使用していた通勤時に往復で1時間程度、学習系アプリやYoutubeを視聴するぐらいの利用ですが、朝100%に充電して夜は80%前後位の状態です。今まで使っていたRakuten Handが夜には50%を切る位だったので、バッテリー持ちは期待通りです。AQUOS Sense6の6GBと電池容量は一緒ですが、実はバッテリー持ちは4GBの方がいいので、バッテリー持ちという点でもライトユースなら4GBがおすすめです。6GB版やOPPO RENO5A、Xiaomi Mi11 lite5Gとの比較が気になるかたは、こちらを参照してください。

manabilife.hatenablog.com

モバイルSuicaの反応がいい

AQUOSFeliCaチップの搭載位置はカメラ部分なので、スマホケースで隠れることがありません。今までの端末はケースを付けるとSuicaの読み取り部に付けないと反応しないことがあったり、店舗での利用では、読み取り機の制度によってなかなか反応してくれないこともありました。しかし、AQUOSモバイルSuicaを使う時は、非接触でもしっかり反応してくれます。モバイルSuicaは毎日使うものなので、ちょっとした事でストレスが軽減するのはありがたいですね。

③アプリ利用時の速度や反応も問題なし

上記の用途に限っての話になりますが、普段使いで速度や反応に不満を感じる場面は一度もありません。

 

スマホは今や通信手段+お財布代わり。カードが3枚入れられるスマホケースを利用すれば、財布を取り出す場面もほとんどありません。以下に、おすすめのスマホケースを紹介します。カード3枚収納可能で十分薄型です。私が購入したときよりも価格は上がっている可能性が高いと思いますが、スマホをお財布代わりに利用する事を考えている人にとっては十分満足できる商品だと思います。

 

初期化だけじゃだめ_Andoroidスマホを売る前にやるべきこと

f:id:manabilife:20211230232935p:plain

スマホを新たに購入しら、不要になったスマホは買取業者に売って少しでも資金を回収したいもの。そのためには、スマホの初期化をする必要がありますが、ただ単に初期化をするだけでは、「消えないデータ」があります。また、LINEなど、初期化前に新規端末にデータを移行する必要があるアプリもあるので注意が必要です。多くの人にとってはそんなに頻繁に機種変更するわけではないと思うので、旧端末を処分する前に「消さなければいけないデータ」や「初期化前にデータを移行しなければいけないアプリ」について整理します。

【初期化前にデータを移行する必要があるアプリ】

①LINE

LINEは複数端末で利用する事ができないアプリなので、初期化前にデータを移行する必要があります。機種変更後のデータ移行に関してはこちらのサイトがわかりやすいです。

k-tai.sharp.co.jp

モバイルSuica

モバイルSuicaも複数端末では利用できないので、データを移行する必要があります。手順は公式ホームページを参照するのが確実です。

www.jreast.co.jp

【初期化前にデータを削除する必要があるデータ】

おサイフケータイの紐づけデータ

おサイフケータイは、ID、QUICPay、ヨドバシゴールドポイントカードなど、紐づけている支払い方法やポイントカードごとにデータを削除する必要があります。これは、端末を初期化するだけでは消去できないので、少々面倒ですが一つ一つ消去していくしかありません。しかも、消去方法が決済方法やポイントカードごとに違うので確認する必要があります。すべてのデータを削除しないと基本的には売却できません。買取業者に依頼すれば、データ消去ができていなければ買取不可ということで気づくことができますが、フリマサイトなどで個人で売買する場合は気づかないまま販売してしまうとトラブルの原因になる可能性があるのでなおさら注意が必要です。おサイフケータイの初期化方法は以下のサイトとおサイフケータイのアプリを確認するのがいいと思います。

www.shop-inverse.com

②esimデータの消去

旧端末でesimを利用していた場合、新端末でもesimを利用する場合はSim交換という手続きをする必要があります。無事Sim交換の手続きと設定を終えて、新端末でesimの利用が始まったとしても、旧端末には電話番号などのesimデータが残ったままになっています。「設定のネットワークとインターネット>モバイルネットワーク」からesimデータを削除する事ができますが、念の為通「通信事業者名 esim 削除」で検索して手順を確認したほうがいいと思います。

kinakopan.com

これらの手順を経て、ようやく端末を「工場出荷状態に初期化」して売り出せる状態になります。そのうえで、スマホ販売に関しては不備があれば教えてくれたり、データ消去を徹底してくれる信頼できる買取業者にお願いするのがおすすめです。

無料ブログで月1万円アフィリエイトチャレンジ_2021年12月成果

f:id:manabilife:20220102082320p:plain

無料ブログで月1万円アフィリエイトチャレンジ。2021年12月の成果です。

google AdSense 4円

もしもアフィリエイト 637円

合計641円

 

今月は、もしもアフィリエイトから合計5件、637円の収益がありました。やはり、初心者はAmazon楽天などのアフィリエイトが効果的なようです。Amazon楽天のリンクが作りやすいのは、もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」。私は、auPayマーケットも表示したいので「カエレバ」を使うことが多いです。

manabilife.hatenablog.com

それにしても、google AdSenseの4円というのは切ないですね。PVが増えると収益も増えるようですが、PVは現状1日20PV前後。「PV数を増やすにはどうすればいいのか?」「PV数が増えるとAdsense収益は増えるのか?」今後変化するのかしないのか。楽しみながら実践していきます。

月30,000円_お小遣い制お父さんの2021年12月収支_まさかのメキシコペソスワップ投資利確

f:id:manabilife:20211224213351p:plain

どんなに残業しても、どんなにお給料が増えてもお小遣いは常に月30,000円。世の中には、同じような状況、あるいはもっと過酷な状況で日々格闘しているお父さんも多いと思います。各家庭ごとにオリジナルルールがあると思いますが、同じように闘っているお父さんのために、12月の収支を発表します。

【我が家のお小遣い制ルール】

①朝ごはんの米・納豆・卵・キムチは食材費負担なしでOK

②昼はお米を炊いて持っていってもOK

③日曜は家族の分のご飯を作って食材費は負担しなくてOK

④それ以外のあらゆる出費はお小遣いを使う

⑤水は家でペットボトルにくんで持っていく。1週間ぐらいは同じペットボトルを利用(衛生面で問題がないかどうかは不明)。

 

【収入】+69,846円

・お小遣い 30,000円

・メキシコペソスワップポイント投資利確  33,846円

スマホ買取(RAKUTEN HAND) 6,000円

※他にスマホ決済のポイント付与等がありますが省略します。

※2021年11月のメキシコペソ暴落時に掴んだ10Lot分(平均取得単価5.295円)が予想外の暴騰で12月30日に5.6円で利確。スワップポイント投資は、5.4円以下で買い増し、5.6円で利確のマイルールに従って投資。2021年中に5.6円まで届くと思っていなかったのでびっくり。

スマホは「じゃんぱら」で6,000円で買い取ってくれました。予想外の高値。

【支出】36,004円

コンタクトレンズ 1694円(アイシティーお得定期便)

・つみたてNISA 10,000円

・昼食代 4,400円(200円×22日)

auスマートパスプレミアム 548円

・散髪&スーパー銭湯 1750円

AQUOS SENSE6 21,000円(購入代金28,700円の一部をPayPayに追加入金)

※昼食代は会社の近くの激安お惣菜屋を利用して1食200円。

※歯ブラシ(タフト24)や発泡酒を購入していますが、PontaポイントとauPay残高で支払っているので省略

※来月から、つみたてNISAの積立額を33,000円に増額予定。お小遣い以外の収入がないと即破綻

※各種スマホ決済での支出は、チャージ時に支出として計上し、利用時には計上していません。

スマホ決済からの支払】8,180円

AQUOS SENSE6(スマホ) 7,700円(購入代金28,700円の一部)

・ケンタッキー利用(カフェ)480円(120円×4日)

 

【収支】+33,842円

(収入)+69,846円

(支出)―36,004円

※まさかのメキシコペソ利確とスマホ高値売却でスマホを購入したのにプラスで終了。支出の大部分がスマホ購入資金なので、支出はだいぶ抑えられた1ヶ月。

※2022年から予定している33,000円のつみたてNISA資金を捻出するにはお小遣い以外の収入を一定確保する必要がある。配当金・メキシコペソスワップ投資・ブログアフィリエイトの合計で1万円確保が目標。道のりは険しい。

 

【12月31日時点のスマホ決済残高】50,872円

・PayPay 9,864円

・auPAY 34,189円

楽天ポイント 2,967円

Suica 3,852円

12月はaupayの大恩返しや、paypayフリマのキャンペーンもあったので、1月2月のポイント還元に期待。11月にaupayにチャージした際のキャンペーンも1月2月に還元される可能性があるので、1月はできる限りお小遣いに手を出さずに済ませたいところ。