manabilife

教育・仕事・生活

節約生活におすすめのクレジットカードはこれ!!

できれば枚数を絞りたいクレジットカード。ポイントがつくのは嬉しいけど、希望の用途に応じたポイント移行など、できれば煩わしい手続きはしたくない。以下の観点で、おすすめのクレジットカードを紹介します。

 

1.年会費無料または簡単な条件で年会費無料

2.比較的高いポイント還元

3.ポイント移行の手続きが簡単で使いやすい

 

以上の観点から、おすすめのクレジットカードはこれ

 

1.メインはエポスカード+エポスVISAプリペイドカード

エポスカードをメインに利用していると、エポスゴールドカードのインビテーションが届きます。インビテーションが届く条件は公表されていませんが、年間50万や、半年で20万などの噂が。どちらにせよ、そんなに高くない条件でインビテーションが届くようです。

 

インビテーション経由でゴールドカードを申し込んだ場合、年会費は永年無料。ゴールドカードではポイントも永久不滅になります。他にも、指定した3店舗のポイントが3倍(1.5%)になったり、年間の利用が50万で2500エポスポイント、100万円で10000エポスポイントがつくので、メインカードとして利用すると多くのメリットが。

 

エポスVISAプリペイドカードを申し込めば、エポスポイントが簡単な手続きで移行できるので便利。エポスプリペイドカードはVISAカードが使える店舗ならどこでも利用可能なのでこれまた便利。

 

2.Suicaを利用するならサブカードは「ビックカメラSuicaカード」

Suicaへのオートチャージで1.5%ポイント還元。Suicaのリンク機能を利用すれば、普段使用している定期にオートチャージできるので、ビックカメラSuicaを持ち歩く必要はありません。年会費は初年度無料で、2年目からは477円+消費税がかかりますが、1回でも利用すれば無料になるので、Suicaを利用する人は実質無料と考えていいでしょう。

 

ビックカメラSuicaはweb明細にすると、カード利用月に50ポイント還元。ポイントはJRE POINTは簡単な手続きでSuicaのチャージとしても使えるので便利。

 

3.Tポイントを活用するなら「ファミマTカード」

Tポイントを利用できる店舗は多いので、Tポイントを貯められるポイントカードは一枚持っていてもいいかもしれません。Tポイントを使えるカードとしては「Yahoo! JAPANカード」が還元率1.0%と比較的高還元率なので有名ですが、メインをエポスカードにするのであれば、利用が分散してしまうため、「ファミマTカード」がおすすめです。ファミマ+Tポイント用と割り切って利用する事で、メインのエポスカードに利用を集中させる事ができます。ファミマTカードはリボ払い専用カードですが、全額払いに設定する事もできます。

 

キャンペーンや高ポイント還元など、魅力的なカードが多くありますが、できるだけ面倒くさくない運用でお得に利用できるカードを選びたいですね。