manabilife

教育・仕事・生活

筋トレするならこの本・このアプリ

授業は体力勝負。という事で、毎朝定期的に筋トレをしています。

筋トレを継続するポイントは次の3つ

①お金がかからない

②道具を使わない(使ってもダンベルくらい)

③効果が実感できる

 

この3点を満たす、おすすめの筋トレ本と、筋トレアプリを紹介します。

①「読む筋トレ」または「へやトレ」

自宅筋トレを継続できるようになったのは、森俊憲さんの著書「読む筋トレ」です。 自宅筋トレの効果的なトレーニングと、継続のコツが紹介されています。トレーニング内容をDVDで確認したければ、DVD付きの「へやトレ」がおすすめ。

読む筋トレ (扶桑社新書)

読む筋トレ (扶桑社新書)

 

 

DVDつき へやトレ ― ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ

DVDつき へやトレ ― ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ

 

 

 ②自宅トレーニング(アプリ)

「自宅トレーニング」は設定されているメニューをこなしていく事で効果的に筋力アップが可能。毎日トレーニングメニューが変わり、徐々に負荷が大きくなっていく感じ。時間をカウントしてくれたり、毎日の体重推移がグラフ化されたりと、アプリならではの便利さがあります。

play.google.com

 

「読む筋トレ」で筋トレを継続する動機を明確にして、基礎的なトレーニング方法や短時間のエクササイズを習慣化したあと、「自宅トレーニング」に移るのがスムーズだと思いますが、無料なので、最初から「自宅トレーニング」を試してみるのもいいかもしれません。