manabilife

教育・仕事・生活

「学び直し中学公民」日本国憲法①日本国憲法の制定

憲法って何?

・法

生活の中でおこるさまざまな事件やトラブルの解決や処理をはかるためのきまり。

法に基づいて治められている国家を法治国家という。法は憲法を頂点にして、法律・命令・規則と、地方公共団体が制定する条例がある。法律は国の唯一の立法機関である国会で制定される。

 

憲法

国の理想や基本的な仕組み、政府と国民との関係などを定めたもの。憲法は政治権力が濫用されることのないように抑制する仕組みを定めて、国民の権利と自由を保証し、権力を行使して国民の福祉を推進する根拠になっている。

 

また、国民同士の権利侵害に対して、民法・刑法その他の法律の解釈を通じて間接的に規律を与えている。

 

憲法にのっとって国を運営していくことを立憲主義という。

 

大日本帝国憲法日本国憲法

大日本帝国憲法(1889年(明治22年)発布)

伊藤博文らを中心に欧米の憲法、日本の歴史統、伝統、国柄の研究を行い、約8年の歳月を経て発布された。

 

日本は万世一系天皇が統治する立憲君主制であることを明らかにした。天皇は国の元首であり、国の統治権を総欖(そうらん)する(すべてまとめともつ)ものであるが、憲法の規定に従って統治権を行使するものと定められた。この憲法は、アジアで初めての本格的な近代憲法として高く評価された。

 

日本国憲法(1946年(昭和21年)公布)

1954年に日本がポツダム宣言を受諾した後、連合国は大日本帝国憲法下での政治体制が戦争の主な原因と考え、連合国軍総司令部GHQ)のマッカーサーは、憲法の改正を日本政府に要求。政府は大日本帝国憲法をもとに改正案を提出したが、GHQはこれを拒否し、自ら1週間で憲法草案を作成し、この草案をもとに政府が翻訳・修正し、日本国憲法が発布された。

 

日本国憲法天皇の位置づけを、大日本帝国憲法での統治権の総欖者から、日本国および日本国民総合の象徴へと捉え直した。また、主権が国民に存すること国民主権を宣言し、戦争の放棄と平和の希求(平和主義)、国民の基本的人権の尊重をうたうとともに、国政が国民の代表による議会制民主主義に基づくことを確認した。