manabilife

教育・仕事・生活

「学び直し中学公民」日本国憲法②国民主権

国民主権

日本国憲法は前文で「主権が国民に存すること」を宣言している。国民は国会議員や地方公共団体の首長や地方議会議員の選挙、憲法改正の際の国民投票などを通じて、国や地方の政治に参加している。

 

国民が議会を通じて主権を行使する方法を議会制民主主義といい、間接民主制ともいわれる。

 

(第44条)国会議員の選挙および選挙人の資格⇒国会

(第96条)国民投票による承認⇒憲法改正

(第79条)最高裁判所裁判官に対する国民審査⇒最高裁判所

(第93条)首長・議員の選挙⇒地方自治

 

②象徴としての天皇

日本国憲法天皇について「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」(1条)と述べている。

 

天皇は、内閣の助言と承認によって国事行為を行い、国政に関する権能(権利を行使する能力と資格)を有しないとされている(3条・4条)。

 

(国事行為)

・国会の指名に基づく内閣総理大臣の任命

・内閣の指名に基づく最高裁判所長官の任命

憲法改正・法律・政令・条約の公布

・国会の召集

衆議院の解散

・国政選挙の施行の公示

国務大臣その他の官吏の任命など

 

(国事行事以外)

・外国への親善訪問

・外国からの賓客との会見

・国内各地、福祉施設などの視察

国民体育大会全国植樹祭への臨席など

 

天皇は直接政治に関わらず、中立・公平・無私な立場にあることで日本国を代表し、古くから続く日本の伝統的な姿を体現したり、国民の統合を強めたりする存在となっており、現代の立憲君主制のモデルとなっている。