manabilife

教育・仕事・生活

2020年、キャッシュレス決済は結局Suicaに収束

●キャッシュレス決済を取り巻く変化(改悪)

①2020年2月1日から、ヤフーカードからPayPayにチャージした際のTポイント1%付与終了

②2020年4月1日から、PayPay残高利用のポイント付与が1.5%から0.5%に変更(前月の利用が50回以上、10万円以上などの条件を満たせば最大1.5%)。

③2020年4月1日から、旧Kyash(Kyash Liteに名称変更)利用時のポイント還元が1%から0.5%に変更(発行手数料900円の新Kyashカードは1%)。

④2020年6月末、ポイント還元ではなく、即時現金割引でかつデビットカードも紐付けらていたOrigami Payのサービス終了

上記のような変更の中、もともとスキャン支払いなどの煩わしさがありながらもポイント還元率を目当てに利用していたスマホ決済払いの見直しを進めています。利便性とポイント還元の両面から考えて、結局キャッシュレス決済はSuicaの利用をメインにしていくことにしました。

 

●2020年のキャッシュレス決済は次の3パターン

ビックカメラSuicaオートチャージと紐づけたSuica

ビックカメラSuicaカードからのSuicaチャージで1.5%のポイントが付与されます。タッチ決済の利便性も合わせて考えると、結局Suicaの利用がメインになりそうです。

Web明細の設定で明細発行月は50ポイント付与。初年度無料、2年目以降も1回でも利用があれば年会費無料なので、よっぽどの事がなければ永年無料で利用できます。貯まったJREPointはネットで事前申請する煩わしさはありますがSuicaチャージに利用できるので無駄なく活用できます。

 

②利用できる店舗数と友人同士の送金の利便性でPayPayは継続

利用頻度は減りますが、PayPayしか利用できない店舗も多く、割り勘など友人同士の1円単位での送金の利便性があるので、Suica利用の隙間を埋める形でPayPay利用も継続することになりそうです。

 

③旧Kyash+住信ネット銀行のMastercardデビットカード

旧Kyash(4月から0.5%)に住信SBIネット銀行のMastercardデビットカード(0.8%)で1.3%のポイント還元も、Suicaが利用できないクレジットカード利用可能店舗アマゾンの支払いなどで継続してい利用していきます。即時銀行口座から引き落とされるデビットカードはクレジットカードよりも出金の管理がしやすく便利。Kyashはアプリ上で貯まったポイントを即時支払いに使えるのが便利。住信SBIネット銀行もアプリ上で500ポイント単位で口座に入金できるで便利。ただし、今後有料になる新Kyashカード(発行手数料900円)や、KyashLiteカード(発行手数料300円)は、発行するたびにカード番号が変わる煩わしさと、ポイント還元率を考えて見送る予定(5年または100万円の利用という有効期限が終了した時点で、再発行せずに、デビットカードのみに切り替える予定)。