manabilife

教育・仕事・生活

「学び直し中学公民」経済①経済って何?

①経済って何?

・財

商品のうち、食料品、衣服、本、自動車などのようにその形を目にすることができるものを財という。

 

・サービス

商品のうち、電車やバスによる輸送、医療、プロスポーツの試合などのように具体的に形のないものをサービスという。

 

・経済

様々な製品の生産と消費を中心とする人々の活動を経済という。

 

国内総生産GDP

国内で一年間に新たに生産された財とサービスの付加価値の合計。生産過程で新たに加えられた価値のこと。一定期間の総生産額から原材料費や燃料費などを差し引いたもの。国の経済の大きさをはかる尺度として使われる。

 

日本のGDPは、1960年代の末にはイギリスや西ドイツ(当時)を抜き、アメリカに次いで世界第二位の大きさになり、日本国民一人あたりの所得(一人あたりのGDP)は、1980年代後半には世界で最も高いレベルに達した

 

・株式会社

企業は公企業私企業に分かれ、私企業は個人企業法人企業に分かれる。法人企業の中で代表的なものが株式会社。株式会社は株券を発行し、元手になる資金を集める。株式を購入した人(出資者)は株主と呼ばれる。株主には所有する株式数に応じて企業の利潤から配当が支払われる。株主は、株式数に比例した議決権を持ち、株主総会に出席して経営者の選出や事業の基本方針について議決する。

 

②日本経済の歴史

〈高度経済成長期〉

池田勇人内閣国民所得倍増計画」などによって、1960年〜70年までの間に、経済成長率(GDPの前年に比べた増加率)の平均が約10%と大きく飛躍した。

 

〈産業構造の変化〉

1960年ごろは30%以上の人々が第一次産業(農業や水産業で働いていたが、現在は5%まで低下。これに対して製造業を中心とした第二次産業で働く人々の数が増え、1970年代にピークに達したあと減少が続いている。一方、サービス業など第三次産業で働く人々の割合は1950年代以降一貫して増加し、現在では60%台に達している。

 

さらに、情報技術に発達と共に、技術の本体であるもの(ハード)よりも、それを操作し利用する知識や情報(ソフトウェア)のほうが重要な商品が増えている。このような変化を経済のサービス化・ソフト化という。

 

渋沢栄一(1840〜1931)〉

埼玉県深谷市出身。「日本近代経済の父」と呼ばれる。実業家として多くの企業の設立やその育成に尽力。福祉や教育などの社会事業にも熱心に取り組んだ。病院や教育施設の整備の他、災害救援や国際親善にも大きな功績を残した。「論語」を模範とし、営利の追求も資本の蓄積も、道義に合致し、仁愛の情にもとらぬものでなければならないとする「道徳経済合一説」を唱えた。

 

③流通のしくみ

・流通

商品が生産者からさまざまな人の手を経て消費者に届くまでの流れ。卸売業と小売業を通じて生産者から消費者に届くのが一般的だが、卸売業者を通さない大規模小売業者や、消費者が農産物を生産者から直接買える直売所も急速に整備され、流通の合理化が進んでいる。

 

・商業

流通に携わる仕事(小売業者・卸売業者・運送業者・倉庫業者)