manabilife

教育・仕事・生活

「学び直し中学地理」日本の領域

①日本の位置

〈極東の国「日本」〉

日本や中国などの東アジアの地域は「極東」とよばれる事がある。これはヨーロッパを中心にして世界をとらえた見方で、トルコ周辺を「近東」西アジア諸国は「中東」と呼ばれる。これら2つの地域を合わせて「中近東」と呼ばれることもある。アジアのこのような呼び方は、15世紀以降の大航海時代に始まった。

 

〈日本の位置〉

世界の国々は、それぞれ基準になる経線(標準時子午線)を決めて、それに合わせた時刻を標準時として使っている。日本は兵庫県明石市を通る東経135度の経線を基準にし、この経線上を太陽が通る時刻を標準時と決めている。世界の基準となる時刻は、ロンドンの旧グリニッジ天文台を通る本初子午線での時刻とされ、GMTグリニッジ標準時と呼ばれる。

 

②日本の領域

〈領土・領海・領空〉

一つの国の範囲を領域という。領域は陸地である領土、海岸線から12海里(22.2km)の領海、領土と領海の上空である領空からなる。また、海岸線から200海里(約370km)以内の範囲を排他的経済水域といい、魚などの水産資源や、海底にある鉱産資源を利用する権利をもつ。

 

日本は約3000kmにわたって弓のような形で細長くつらなった島国で、国土面積は約38万k㎡、領海と排他的経済水域を合わせた面積が国土面積の約10倍ある。

 

〈日本の東西南北端〉

・日本の北端:択捉島(北海道)

・日本の東端:南鳥島(東京都)

・日本の西端:与那国島沖縄県

・日本の南端:沖ノ鳥島(東京都)

 

〈日本の領土問題〉

北海道の北東にある国後島択捉島色丹島歯舞群島は、日本固有の領土で北方領土と呼ばれている。日本はサンフランシスコ平和条約(1951年)において、樺太の一部や千島列島の権利を放棄したが、北方4島は放棄地に含まれていない。しかし第二次世界大戦後にソビエト連邦に占領され、現在まで不法に占拠された状態になっている。1992年から、「ビザなし交流」が始まったが、北方領土の返還はいまだ実現されていない。

 

17世紀からの日本の人々が漁を行い、1905年に明治政府が国際法に従って島根県編入した竹島は、1952年から韓国が一方的に自国の領と主張し、不法に占拠している。

 

東シナ海にある尖閣諸島は、1895年に沖縄県編入され、第二次世界大戦後は一時アメリカの占領下に置かれたが、1972年に沖縄県の一部として日本に返還された。しかし、周辺海域に原油などの資源が埋蔵されていることが注目された1970年代から、中国が一方的に領有権を主張するようになった。日本は2012年に尖閣諸島の大半を国有化し、領土の保全に努めている。

 

③日本の地域区分

〈7地方区分〉

日本の47都道府県の地域区分として、7地方区分がよく使われる

・北海道地方(北海道)

・東北地方(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)

・関東地方(群馬・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉・神奈川)

中部地方(福井・石川・富山・新潟・岐阜・長野・山梨・愛知・静岡)

近畿地方(兵庫・京都・滋賀・大阪・奈良・三重・和歌山)

・中国・四国地方(山口・島根・広島・鳥取・岡山・愛媛・香川・高知・徳島)

・九州地方(長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄)