manabilife

教育・仕事・生活

「教科書で学ぶ世界史」先史の世界

旧石器時代打製石器・狩猟・採集)

〈700万年前:猿人の出現〉

・アフリカで直立二足歩行を特徴とする人類が誕生

アウストラロピテクスなどがこれに属する

・簡単な打製石器(礫石器)の使用

 

〈240万年前:原人の出現〉

・240万年前にアフリカで原人が登場

ホモ=ハビリス

ホモ=エレクトゥス(ジャワ原人北京原人

・ホモ=エレクトゥスは、ハンドアックスを使用

狩猟・採集生活をした

・アフリカからヨーロッパ・東アジア・南アジアにまで広がった

 

〈60万年前:旧人の出現〉

ネアンデルタール人(ヨーロッパに分布)

現代人と変わらない脳容量

・死者を埋葬

・ヨーロッパから西アジアにかけて住む

剝片石器を使用

・毛布を身につける(氷期に適応)

 

〈20万年前:新人の出現〉

・20万年前にアフリカにあらわれる

・ヨーロッパのクロマニヨン人

・中国の周口店上洞人(しゅうこうてんじょうどうじん)

・剝片石器の進化

骨角器の使用

洞穴絵画スペインのアルタミラフランスのラスコー

アメリカ大陸を含む全世界に住み着くようになった

 

新石器時代

〈1万年前:農耕・牧畜の開始〉

氷期が終わり地球が温暖化

・9000年前の西アジア農耕(麦)・牧畜(ヤギ・羊・牛)開始

・狩猟採集の獲得経済から、農耕牧畜による生産経済

人口の急増・村落定住

織物土器の作成

・石斧や石臼などの磨製石器の利用

 

〈4000〜3000年前:国家の誕生〉

・初期農耕は雨水利用→収穫が少なく耕地も移動

メソポタミアで灌漑農業が始まる

→食料生産が発達し、多数の人間を統一支配する国家が誕生

宗教交易の中心である都市が誕生

・支配するものとされるものとの間の階級差が生まれる

・武器や工具などの金属器の登場

・政治や商業の記録を残すための文字の誕生