manabilife

教育・仕事・生活

「教科書で学ぶ世界史」ソ連邦解体

ゴルバチョフ就任前の状況

・世界的な民主化の流れ

・核軍拡競争(経済的負担の増大)

・中ソ対立

アメリカと対決路線だった毛沢東が、ソ連は平和共存路線を批判。ソ連は1960年に中国への経済援助を停止し、1969年には国境で軍事衝突。

 

ゴルバチョフ書記長就任後の流れ

1985年:ゴルバチョフソ連共産党書記長就任

・情報公開(グラスノスチ)による言論の自由

ペレストロイカ(国内改革)

1989年:バルト三国独立運動エストニア・ラトヴィア・リトアニア

1989年:中ソ対立解消

1990年:複数政党制採用

1990年:大統領制導入、初代大統領にゴルバチョフ就任

中央司令型の計画経済から市場経済への移行

1991年6月:コメコン解散

1991年7月:ワルシャワ条約機構消滅

1991年8月:軍部・保守派のクーデター失敗

1991年9月:バルト三国独立

1991年12月:CIS(独立国家共同体形成)⇒ソ連邦解体

連邦維持を主張する保守派のクーデター失敗後、ウクライナアゼルバイジャンなどほとんどの共和国が連邦からの離脱を宣言。連邦を結びつけていたソ連共産党も解散した。1991年12月に、エリツィンを大統領とするロシア連邦を中心に、ウクライナベラルーシなどの11の共和国が独立国家共同体(CIS)を結成し、ソ連邦は解体した。

 

ソ連邦解体後の旧ソ連周辺部

1994年:チェチェン紛争(ロシアからの独立を求める運動)

2000年:プーチン大統領就任

2008年:メドヴェージェフ大統領就任

2012年:プーチン再び大統領に就任

2014年:クリミア編入を表明

1954年に、ソ連はクリム半島をウクライナ編入。1991年ウクライナ独立。2004年のオレンジ革命ウクライナは親露派から親欧米派へ。2013年に、ウクライナ政府がEUNATO加盟の意向を示すと、クリミアやウクライナ東部のロシア系住民が分離運動をおこし、2014年にロシアがクリミアを連邦に編入することを表明したことで内戦の様相に。