manabilife

教育・節約・投資

Vポイントの出口はモバイルSuica&amazonチャージがおすすめ

f:id:manabilife:20210815143636p:plain



「Vポイントが貯まっているけど、どう使っていいかわからない」

「Vポイントのオトクな使い道を知りたい」

年会費無料、コンビニのタッチ決済で5%還元など、三井住友ナンバレスカードを発行した人も多いのではないでしょうか。各種キャンペーンもしていたので、Vポイントが貯まっている人も多いはず。せっかく貯まったVポイントのおすすめ出口を紹介します。

【STEP1】Vポイントアプリを設定してVポイント残高にチャージ

Vポイントを利用するのに使うのが「Vポイントアプリ」です(三井住友カードの利用状況を管理する「V−PASSアプリ」とは別物なので注意)。まずは「Vポイントアプリ」をダウンロードして、登録手順に従って個人情報を登録します。個人情報の承認まで、数日かかりますが、Vポイントをお得に利用するのであれば、Vポイントアプリの登録は必須だと思います。

登録完了後、「Vポイント」を「Vポイント残高」に移行します。Vポイントアプリ登録時に発行されるバーチャルカードとVポイント残高を紐付ければ、Vポイント残高を利用したネットショッピングが可能です。Vポイント残高への移行や、バーチャルカードのナンバー確認も、「Vポイントアプリ」から簡単にできます。

www.smbc-card.com

www.smbc.co.jp

モバイルSuicaチャージやamazonチャージに利用】

「Vポイントアプリ」のバーチャルカードを利用して、モバイルSuicaへのチャージも可能です。バーチャルカードのカード番号とカード名義「VPOINT MEMBER」を入力すれば、通常のクレジットカードと同じようにチャージができます。

 

amazonチャージも同様に利用できます。違いとしては、モバイルSuicaは500円以上、500円単位のチャージ設定なのに対し、amazonチャージは100円以上で以降1円単位でチャージできるという違いです。自分はSuicaの方が利用する機会が多いので、基本はモバイルSuicaチャージ、端数をamazonチャージで利用しています。この2つの使い道があれば、貯まったVポイントが無駄になる事はありません。

 

最初の設定が少し面倒ですが、Vポイントの使い道に困っている人は、ぜひお試しください。