manabilife

教育・節約・投資

データブックで知るメキシコ

f:id:manabilife:20210822002747p:plain

「データブック オブ・ザ・ワールド」のデータをもとに、メキシコについて学んでいきます。他の新興国同様、今後の人口増加が見込めるだけでなく、原油や銀などの鉱物資源が豊富で、観光客も多く、今後の経済発展のポテンシャルは十分あると思います。しかし、国内生産成長率は低迷しており、貧困問題の解決が大きな課題になっています。原油価格やアメリカの経済状況の影響を受けやすく、他の新興国通貨に比べると比較的安定しているとはいえ、通貨価値は不安定です。

【他の新興国や日本との比較】

まずは、他の新興国と日本との主要データの比較です。

f:id:manabilife:20210822002801p:plain

日本の特殊出生率の低さが際立っています。新興国の可能性として人口増が取り上げられる事が多いですが、国内総生産成長率の低迷や、人間開発指数の低さから、貧困問題を解決できるかが大きな課題になりそうです。メキシコは比較的観光客数が多い国なので、コロナによる影響は大きかったと考えられます。

【メキシコの経済概要】

・世界有数の鉱業国

・1994年12月にペソが急落し通貨危機

・2009年世界金融危機の影響などでGDPマイナス4.7%

アメリカ出稼ぎ者からの送金は石油輸出を上回る最大の収入源

・2020年7月、NAFTAに替わるアメリカ・メキシコ・カナダ協定が発足

 

【メキシコの鉱業】

原油 1億1148万t(2.9% 12位)

銅鉱 59万t(3.1% 10位)

鉛鉱 25万t(5.1% 5位)

亜鉛鉱 59万t(5.4% 6位)

マンガン鉱 22万t(1.3% 10位)

モリブデン鉱 1.4万t(4.7% 5位)

ストロンチウム 5.7万t(28.0% 2位)

※紅色の炎色反応を示し、花火の火薬に用いられる。ブラウン管ガラス、フェライト磁石の原料などに利用。放射性同位体原子力電池の燃料として使用される。

水銀 197t(5.2% 2位)

金鉱 126t(3.9% 9位)

銀鉱 5,364t(20.2% 1位)

塩 900万t(3.3% 9位)

【メキシコの農牧林水産業

トウモロコシ 2,717万t(2.4% 8位)

もろこし 453万t(7.6% 6位)

ココナッツ 116万t(1.9% 8位)

バニラビーンズ 495t(6.5% 3位)

トマト 456万t(2.5% 9位)

サトウキビ 5684万t(3.0% 6位)

オレンジ類 525万t(4.8% 6位)

パイナップル 100万t(3.6% 9位)

サイザル麻 9,008t(4.5% 7位)

綿花 40万t(1.7% 10位)

馬 639万頭(11.1% 2位)

牛 3482万頭(2.3% 8位)

豚 1784万頭(1.8% 8位)

鶏 5.7億羽(2.4% 7位)

鶏卵 287万t(3.7% 4位)

蜂蜜 6.4万t(3.5% 9位)

【メキシコの工業】

コプラ 22万t(3.7% 5位)

※ココヤシの胚乳(白い部分)を乾燥させたもの。

ビール 120億L(6.3% 4位)

砂糖 602万t(3.4% 7位)

牛肉 198万t(2.9% 6位)

鶏肉 334万t(2.9% 6位)

牛皮 25万t(2.9% 6位)

硫酸 480万t(2.1% 10位)

重油 1,236t(2.7% 8位)

鉛 36万t(3.4% 6位)

亜鉛 33万t(2.4% 9位)

自動車 410万t(4.2% 6位)

【メキシコの輸出:4,611億ドル】

食料品7.7% 原材料と燃料7.6% 工業製品76.9% その他7.8%

アメリカ76.0% カナダ3.0% ドイツ1.5% 中国1.5% ブラジル0.9%

(内訳)

機械類 33.3%

自動車 24.6%

原油 4.8%

精密機械 3.7%

野菜と果物3.6%

【メキシコの輸入:4,533億ドル】

食料品5.5% 原材料と燃料11.6% 工業製品73.9% その他9.0%

アメリカ44.1% 中国17.8% 日本3.8% ドイツ3.8% 韓国3.8%

(内訳)

機械類 36.0%

自動車 8.7%

石油製品 6.3%

精密機械 3.2%

金属製品 3.1%