manabilife

教育・節約・投資

メキシコペソスワップ投資で「LIGHT FX」を使う理由

f:id:manabilife:20211205131344p:plain

現在各FX証券会社がしのぎを削り、キャンペーン合戦やスプレッドの縮小、スワップポイント競争が繰り広げられています。「メキシコペソスワップ投資を始めてみよう」と思っても、どの証券会社を使うか迷う人も多いのではないでしょうか。メキシコペソスワップ投資に使う証券口座を選ぶポイントと優先順位は次の3つです。

スワップポイントの高さ

何はともあれスワップポイントの高さです。1Lotあたり1円違うと、1年で365円。10Lotだと3,650円変わります。塵も積もればですが、スワップポイントの高さが一番の決め手になります。ただし、スワップポイントは変動するので、安定して高スワップポイントを維持している証券会社を選ぶのがポイントです。

スワップポイントのみを引き出せる

蓄積したスワップポイントの出金方法は証券会社ごとに異なります。「日々決算される」「自分の好きな時に出金できる」「ポジション決済時に出金できる」の3通りがスワップポイントの主な出金方法です。自分の好きな時にスワップポイントのみ出金できる形が便利でオススメです。

③スプレッドの狭さ

「買い」と「売り」の価格差をスプレッドといいますが、狭いほうがいいものの、スワップポイント投資は一定期間の保有が前提なので、スプレッドの狭さはそこまで優先順位は高くありません。ほとんどの証券会社が0.2〜0.3pipsなので、この範囲であればほとんど大差ありません。「まぁ低いほうがいいよな」程度の認識で問題ないと思います。

 

【オススメ証券会社2選】

①LIGHT FX

私が現在使っている証券会社になります。以前他の証券会社でスワップ投資をしていた時に、ツイッター上で多くの人がLIGHT FXのスワップポイントの変動を話題にしている事からも、多くの人がメキシコペソスワップ投資の口座として利用していると思われます。2021年12月2日のスワップポイントで10.1円を記録するなど、安定した高スワップポイントを維持しています。スワップポイントのみの出金も可能なので使い勝手がいいです。スプレッドは0.3Pipsでメキシコペソスワップ投資をするには問題のない水準です。 LIGHT FX

②ヒロセ通商(LION FX)

LIGHT FX同様、安定した高スワップポイントを維持。スワップポイントのみの出金も可能なので、LIGHT FXとの差はアプリの使いやすさやキャンペーンで比較してもいいと思います。迷っているようなら、LIGHT FXと両方使ってみてから判断するのもありだと思います。

FXなら

LIGHT FXとLION FXがしのぎを削ってくれているおかげで、他の証券会社も含めて、日々投資しやすい環境に改善されているのがありがたいです。当然新興国通貨は大暴落のリスクも有るので、暴落時に買い増しのチャンスとえる余裕の持てる範囲で投資していきたいですね。