manabilife

教育・節約・投資

意外と使えるIIJMIO(BICSIM)の低速モード_デジタルノイズ対策にもおすすめ

f:id:manabilife:20220123095915p:plain

スマホ最安運用の最有力候補IIJMIOBIC SIMも同サービス)。月2GBで収まるようならギガプランのeSIM(データSIM)は440円。節約派が気になるのが、ギガを消費しない「低速モード(節約モード)」。「節約」はしたいけど、通信速度が遅すぎてストレスになるのは嫌。実際に使っている体感として「節約モード」の使い勝手を紹介します。

IIJMIOの低速モードの特徴】

・アプリのワンタップで切替可能

・300kbps

・最初の一定量のみ高速通信するバースト機能あり

・3日間で366MBを超えると通信規制

 

【問題なく使える用途】

・LINE

Twitter

・メール

・Light FXアプリ

チャート情報などの読み込みもストレスなく表示されます

 

【ちょっとストレスだけど、十分使える】

スマホ決済

バーコード読み込み後に支払画面が表示されるまでに、ちょっと遅く感じる事があります。

You Tube

以外だったのが、You Tubeが意外と利用できること。読み込みに少し時間がかかるときがありますが、視聴可能です。

 

【ストレスあり】

・Web検索

最近のWebページは画像が多い事もあってか読み込みに時間がかかります。普段はサクサク検索できるだけに差が激しく、ストレスを感じます。

・Bybitアプリ

チャート情報などが表示するまでに時間がかかります

 

【こんな人にオススメ】

・普段はLINEやメールなどテキストデータ中心の利用

・デジタルノイズから距離を取るためにあえて低速モードにして、読み込みに時間がかかるアプリやWebページを見ない

・平日は低速モード、休日の外出時は高速モードなど使い分けであれこれ悩まずに利用できる人。

 

基本はWIFI利用で、「外での利用がテキスト中心」あるいは「あえてスマホと距離を取りたい」という場合は低速モードの利用あ効果的です。