manabilife

教育・仕事・生活

「学び直し高校数学」長岡亮介先生に学ぶ数学教育

高校数学の学び直し用のテキストとして、「考える大人の学び直しシリーズ 長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書I・A・Ⅱ・B・Ⅲ・C」旺文社(Kindle版)を購入しました。2011年に出版されたものなので旧課程のものですが、入試が目的ではないことと、IA・ⅡB・ⅢCすべてを網羅し、音声データもついて2084円という破格の値段だったので即決で購入しました。

 

「はじめに」で語られる長岡亮介先生のコメントが、「数学の学び方」「講師のあり方」「教室のあり方」について、改めて考えるきっかけになり、思わず熱い気持ちになりました。一部抜粋して紹介します。

 

「数学の学び方」

(P2)

《基礎》の意味が見失われ、《初歩》と混同されているといわざるを得ないと思います。

 

例えば、数学にはたくさんの「公式」があります。そのような公式を覚えて、それを適用する練習をする人は多いのですが、

 ・それぞれの公式がどのように導かれるのか

 ・それぞれの公式の間にはどのような関係があるのか

 ・それらの公式は理論的にどのような意味を持っているのか

実は数学の勉強においては、こういう理解が個々の公式を覚える以上に重要な意味を持っています。(中略)

本当の基礎がしっかりできていれば、ちょっとした+αでいかなる入試問題にもただちに対応できます。 

 公式を使う確認のために練習問題があるのではなく、「公式の理解を深めるために練習問題がある」という認識は、同じ練習問題に取り組むにしても、生徒の理解に大きな差をもたらすと感じました。

 

②講師のあり方

(P4)

私の解説が、本書を使って勉強に向かう皆さんに

 ときには、勉強へのフォームをアドバイスするコーチのような

 ときには、皆さんの横を伴奏してはげます友人のような

 ときには、皆さんが向かっていく遠い先を示す灯台のような

役割を果たす事を期待しています。

 

(P6)

本書ができないと認めざるを得ないことがあります。それは皆さんが「苦労したけどやっとわかった」と嬉しそうに叫んだとき、一緒に笑顔で喜んであげることです。 

 道を示す灯台であり、コーチであり、励ます友人である。この3点は良い先生に欠かせない要素が端的に示されていると思います。ちょうど今流れている「明光義塾」のCMで、愛くるしい少年が「あーそういうことか!!」とうれしそうにしている場面が印象に残っていたこともあり、「苦労したけどやっとわかった」と嬉しそうに叫んだときに、一緒に喜んで上げることの重要性も、再認識しているところです。

 

③教室のあり方

(P5)

現代のように、社会と価値観が多様化し、同時に進学率が向上してくると、すべての同じ年齢の人に、同じ数学的な内容の理解を、同じ学問的水準で要求することは、(中略)

伸びようとする若い才能に退屈な反復と忍従を強いる知性への抑圧であり、他方では、まったく内容を理解できず、したがって意味を見出し得ない時間を過ごすことを教育の名の下に強いる人権の蹂躙であり、(中略)

教育が強大な社会悪になる可能性が近年ますます現実化しています。(中略)制約された「お勉強」を強制されている現状の教育制度の不合理(無駄と無理)はなんとしても克服したいものだと思います。 

 長岡亮介先生のこの教材の取り組み(講義の音声データを利用する)も、一律のカリキュラムを突破するための一つの挑戦だと感じます。そして、近年の著作では、Youtubeの講義とリンクした参考書を出版しています。良質な講義をいつでも、どこでも視聴できる環境が整いつつある現在。教室の役割、講師の役割は、「理解する喜び」「それを分かち合う空間」という2点が重要な要素になっているのではないでしょうか。

 

同時に、集団授業の中で、一人一人の学習状況に合わせた、「アダプティブラーニング」を実現することが可能かどうかも、引き続き検討していきます。

 

長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書数学 (考える大人の学び直しシリーズ)

長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書数学 (考える大人の学び直しシリーズ)

 

  

YouTubeで学べる 長岡先生の集中講義+問題集 数学I+A+II+B 上巻

YouTubeで学べる 長岡先生の集中講義+問題集 数学I+A+II+B 上巻

 

 

youtu.be

「学び直し中学歴史」3万年前の航海徹底再現プロジェクトが面白い

教科横断型の入試問題が増え、生徒の「学ぶ意欲」を引き上げるためには、講師自身が学ぶことを楽しんでいる事が重要と考え、指導科目以外の学び直しに取り組んでいます。まずは中学歴史から学び直し中。

 

「人類の誕生から新人の日本上陸まで」

人類の祖先は約700万年前から600万年前にアフリカに現れた猿人だといわれれている。猿人はやがて原人に進化したが、現在の人類の直接の祖先となったのは、約20万〜10万年前にアフリカに現れた新人(ホモ・サピエンス)。

 

そのころの地球は氷河時代の中でも特に寒い氷期で、現在よりも100m以上海面が下がっていて、今の日本列島は大陸と地続きだった。そのため、3万年ほど前に、大陸から新人がやってきたと考えられている。また、黒潮を利用して、丸木舟に乗って海を渡ってきた人々もいたと考えられる。

 

1万1000年ほど前になると氷河時代が終わり、温暖化にともない海面が上昇したため、日本は大陸から切り離され、次第に列島になっていった。

 

疑問点・追求テーマ・補足事項

※猿人・原人が絶滅したのはなんで?

国立科学博物館が3万年前に台湾から与那国島に渡った人類の再現実験

国立科学博物館が「3万年前の航海徹底再現プロジェクト」として、日本列島への入り口の一つである台湾→与那国島の航路に挑戦するプロジェクトに取り組んでいます(2019年6月25日〜7月13日)。今までも草舟、竹舟などで挑戦して何れも失敗。今回は丸木舟での挑戦で、丸木舟の作成も当時を再現しているそう。航行距離は200Kmでまる二日漕ぎ続ける必要があるそう。世界最大規模の海流である黒潮が流れ、航海の終盤まで目的地も見えず、コンパスもない中、無事に目的地に到着できるのかとても興味があります。専門家集団による、3万年前の再現実験。その挑戦に感銘を受けるとともに、結果が楽しみです。

www.kahaku.go.jp

「なぜそれを教えるのか?」イーロン・マスクが考える教育

2014年に、イーロン・マスク氏が自身の5人の子どものために設立した学校「Ad Astra(アド・アストラ)」。昨年興味を持ち調べていましたが、現在どのような状況か調べてみました。現在、マスク氏の子どもや、SpaceX社などマスク氏の関連企業の子息中心に30人以上の子どもたちが学んでいるようです。

 

イーロン・マスクが考える現代の学校の問題点

壇上に立つ講師が20年以上同じような内容を教えているので、情熱がなく、それが生徒に伝わってしまう。生徒は「なぜこれを学んでいるんだ?」と思っており、実際そこで学ぶ殆どは将来使わないので意味がない。


一回立ち止まって「何故これらを教えているんだろう?」と考え、「何故」を教えなければならない物事の本質を説明できればやる気につながり、学ぶ目的を理解するはず。「公式を何故学ぶか?」を伝えられずに勉強し、覚えようとしても本質は理解できない。教育も、本質を理解するためだと思えば、ただ記憶するだけよりもずっと魅力的に感じるはず。

 

Ad Astra(アド・アストラ)での教育

その時々によって興味や能力も違うので、それに合わせて指導。そのため1年生・2年生といった年級分けはない

 

問題解決ツールよりも、問題解決を教える。例えば、エンジンの仕組みを教えるときに、ねじ回しやレンチなどのツールについて教えるのではなく、「これがエンジンです。どうやって分解しましょう」と問題提起する。これにより問題と問題解決方法がつながる。

 

2019年度の募集要項では、次のような3つの質問から1つに回答することを求めており、このような質問は、授業内のロールプレイングでも用いられているようです。

①架空の惑星についての説明があり、移住するのに適した3つの惑星と、適さない惑星3つを上げ、理由を説明する。

②架空の画家の死後、複数の買い手が現れる。生前の画家の希望と、複数の買い手が提示する条件をもとに、売り手として最善な相手を理由とともにランク付けしていく。

③湖を汚染している企業(住民の多くがこの企業で働いている)、科学者、マスメディア、政治家など、それぞれの思惑と動向が紹介され、10年後に湖が完全に汚染されてしまった事が提示される。責任の所在がどこにあるかを割合としt割り振り、その理由を答えさせる。

 

このようなロールプレイングは、入学書類だけでなく、実際の授業でも展開されているようです。

 

このような問題解決型の授業やロールプレイングは、従来の授業は面白くない。「学プロセスはゲームのように楽しくなければいけない」という思いを一つの形にしたものだと考えられます。

 

現在の教育に疑問を呈し、自ら学びの場を創出する企業や個人からの発信を見る機会が多くなってきました。教えている立場の人間が、「なぜそれを教えているのか?」と自らに問い、「なぜ?」を伝えることは、指導者の責任であると感じます。

 

 

youtu

qz.com

中田敦彦さんのYoutube大学に学ぶ、教育力の基本

中田敦彦さんのYoutube大学と、寄せられるコメントを見て、「教師自身が学ぶこと」「教師自身が学ぶ事が楽しいと感じている事」が教育力の基本であると再認識しました。

 

「これって、すごいでしょ!!」「すごくない!!」「面白いでしょ!!」という感動をストレートに表現することが、見る人の興味や、自分で調べてみようという能動性につながっている事を感じています。

 

わかりやすい授業動画や解説は、今やネット上に溢れています。興味さえ持てば、自宅にいながらにして、学びを深める事がいくらでも可能です。

 

その第一歩である、興味関心を引き出すという点で、中田氏のYoutube大学はとても参考になります。

 

「学ぶ楽しさ」が伝わる授業になっているかどうか、「もっと学びたい」「もっと調べたい」「もっと問題を解きたい」と感じさせる授業になっているかどうか。今後の授業を振り返る判断軸にしていこうと思います。

読解力を鍛えるには、能動的読書に誘う教育者の力量が試されれる

2008年の記事ではありますが、ベネッセ教育開発センターの小林洋氏によると、小5では、月の読書量が4〜5冊、中2では1〜3冊のところで読解力が頭打ちとなり、それ以上に読書量が増えても、読解力はむしろ低下傾向を示すとしています。また、当時PISA調査の「読解力」で世界一位だったフィンランドと比較し、フィンランドでは読書時間が多いほど読解力が高くなる傾向がある事と比較して、日本における読書活動の問題点と改善案を提示しています。

 

小林氏のレポートでは、フィンランドの事例と、日本の子どもたちの中でも、読書量と読解力に相関が見られる事例をもとに、読解力につながる読書の事例として、以下の要素を提示しています。

①幅広いジャンルの読書

②読んだことを要約したり、発表したり、批評し合う

つまり、能動性と集団活動との連動の重要性を提示しています。

この事から考えると、子ども達の読解力を鍛えるには、「いかにして能動的な読書に誘うか」「いかにして発信の場に誘うか・発信の場を創出するか」が重要だと考えられます。

 

佐藤優氏は「国語ゼミ」の中で、読む力を身につけるためには、他者の影響(感化)が重要と述べています。

齋藤孝氏は「教育力」の中で、「教育の一番の基本は、学ぶ意欲をかき立てることだ」と述べています。

そして、最近個人的に注目している、中田敦彦Youtube大学も幅広いジャンルを中田氏が楽しげに語ることで、多くの人に能動的に学ぶきっかけを与えていると感じています。

 

教える立場の人間が、学ぶことを楽しみ、学んだことを楽しげに伝えることが、読解力指導の要になると考えています。

 

参考

berd.benesse.jp

berd.benesse.jp

 

 

 

教育力 (岩波新書)

教育力 (岩波新書)

 

 

スーツを買うなら一万円前後で買えるP.S.FAのネット通販がおすすめ

スーツを買いに行く手間をなくし、できるだけ安く購入することはできないかと検討していましたが、P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)のネット通販を利用することが今のところ、最もコスパが高い選択だと考えています。

 

P.S.FAのアウトレット商品なら、送料や裾直しを含めても、税込み1万円程度で購入できます。

 

P.S.FAのスーツの形は大きく3つのモデルに別れています。

①コレクションモデル(スーパースリム)

②アーバンモデル(スリム)

クラシコモデル(レギュラーフィット)

実店舗で試着して形を確認しておけば、ネット通販でも安心です。1万円以下に割引されている商品のほとんどがクラシコモデルですが、クラシコモデルでも比較的スリムなので、価格の事を考慮すれば、スリムスーツを希望する人にとってもクラシコモデルでも十分だと思います。

 

裾直しは、同封される裾上げテープで自分でやるか、追加で540円支払って裾上げしてもらうかを選択できますが、今持っているパンツの股下を測れば、適切なサイズで裾上げの依頼もできるので、手間を考えると裾上げを依頼したほうが楽だと思います(ただし、裾上げをしてもらうと返品はできません)。

 

ネット環境にもよると思いますが、見た目に関しては購入前に確認できる画像とほぼズレはないので、安心して購入できます。

 

ネット通販に関しては、P.S.FAと同系列の「はるやま」も1万円以下のスーツを多く展開しているので、機会があれば試してみようと思いますが、個人的にはスリムスーツを望んでいるので、「はるやま」だと形が予想できないのが不安なところ。特に形にこだわりがないのであれば、P.S.FAよりさらに安く購入できます。

 

スーツに関しては、ユニクロの感動パンツと感動ジャケットの組み合わせも検討しましたが、定価の場合、セットアップで一万円近くかかるので、それならP.S.FAのネットスーツに軍配が上がると考えています。

コスパ最強ビジネスシューズ&Yシャツ

今までビジネスシューズやYシャツはいろいろ試してきましたが、最近は「安い」・「許せる見た目」・「快適」な事を条件に探索しています。この条件を満たしたビジネスシューズと、Yシャツを紹介します。どちらも、Amazonでタイミングを見計らえば、格安で手に入ります。

おすすめビジネスシューズ:テクシーリュクス

テクシーリュクスの最安値モデルは、Amazonで4000円〜5000円で購入できます。履き心地や着脱を考えても最安値モデル(TU-7769)で十分。5月17日(月)現在、タイムセールを実施しており、TU-7769が4138円。さらに15%割引ということで3000円台で購入可能です。履き心地もよく、着脱も容易で、コスパ最強ビジネスシューズとしておすすめです。

おすすめYシャツ:i-shirt

「はるやま」と「PSFA」で販売しているi-shirtは本当のノーアイロンワイシャツで重宝しています。他のノーアイロンワイシャツは結局アイロンがけが必要になることが多いですが、i-shirtは一切アイロンがけが不要です。Yシャツは、よく3着1万円などで売られていますが、Amazonで半袖、長袖ともに3000円を切る時を狙えばコスパ最強の便利Yシャツになると考えています。