manabilife

教育・仕事・生活

お小遣い制お父さんの月末投資_2021年11月

f:id:manabilife:20211121213717p:plain

【先月からの変更点】

来年度から確定拠出年金の投資先としてナスダック100に連動する投資信託を積立予定なので、QQQを投資候補から除外。

【月末投資ルール】

①月末投資の候補は以下の9種類。この中で、100日移動平均線や200日移動平均線を見ながら、割安と思えるものを購入

②毎月最終日曜日に、候補となる投資先に指値を入れる。1週間期限で刺さらなければその月は投資せずにキャッシュポジション。

【月末投資候補】

①仮想通貨

ビットコイン

イーサリアム

リップル

他のアルトコインは長期投資で考えると上記3通貨よりリスクが高いと判断し、月末投資の対象からは外しています。リップルビットコインイーサリアムに比べて送金手数料が安いので、持っていたら使う機会もあるかと思い一応候補に入れています。

②米高配当ETF

・SPYD

HDV

・VYM

米国債ETF

・BND

④米ドル買い増し

米国ETF購入資金として利用

⑤キャッシュポジション

格安な投資先がない時は、日本円として保持して、来期の積立NISAの資金に回す。

【11月投資】

仮想通貨は引き続き高値で推移しているので除外。高配当ETFも高値で推移している状況。米ドルもドル高傾向が続いているので今月の買い増しは厳しそう。あえて買い増しの可能性があるとすると、米国債ETFのBND。配当年率2%前後で、少額投資でポートフォリオに組み込む必要性はあまり高くないかもしれませんが、「現金で持っておくよりはいいかな」程度の感覚で買い増ししています。84.5ドルで指値を入れていたらすぐに刺さったので、今月はBNDを買いました。本当は高配当ETFの買い増しを優先したいのですが、来月以降下落してくることを期待して待ちます。

無料ブログで月1万円アフェリエイトチャレンジ

f:id:manabilife:20211121172053p:plain

「月にあと1万円あれば、少し豊かな生活ができるな〜」

「ブログアフェリエイトに挑戦したいけど、初期投資にお金をかけたくないな〜」

「ブログアフェリエイトに挑戦したいけど継続できるかわかならいな〜」

独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを借りて、WordPressでブログ運営というのがアフェリエイトブログの王道のようですが、まずは無料ブログの「はてなブログ」でどこまで収益化が可能かチャレンジ中です。

 

無料版の「はてなブログ」では、かつては「Google AdSense」の審査が通らなかったようですが、今では「Google AdSense」の審査も通るようになっているようです。ASPは本当は1つに絞りたいのですが、「自分が本当にいいと思っているものやサービス」を紹介しようと思うと、どうしても複数のASPに登録せざる終えません。管理が少し煩雑になりますが、これはしょうがないですね。現在私が利用しているブログ収益化の手段を紹介します。

Google AdSense

Google広告」を掲載して収益化が可能。2021年の8月に審査に通ったので、この時点では無料ブログでも審査に通る事は可能なようです。

ASP

少額の報酬が目標なので、振込手数料無料の「afb」や「もしもアフェリエイト」で案件を検索。なければ「A8ネット」で検索の流れ。Amazon楽天での商品紹介は「もしもアフェリエイトの「かんたんリンク」を利用。

【afb】

最低振込額777円、振込手数料無料なのが魅力。そこまで多くの報酬になることはないので、振込手数料無料はありがたいサービス。

【もしもアフェリエイト

住信SBIネット銀行なら最低振込額1円から(他行は1000円から)。振込手数料無料。Amazon楽天の商品紹介ボタンが簡単に作れるのが魅力。

【A8ネット】

私が紹介したいと思う商品やサービスの案件が最も多いのがA8ネット。振込先が三井住友銀行かどうかで振込手数料が変わってくる。支払い方法は①1000円以上②5000円以上③キャリーオーバー(出金せずに保持)④即時支払(2000円以上)から選択可能で、振込手数料の調整が可能。

(振込手数料:3万円以上/3万円未満)

三井住友銀行渋谷駅前支店 220円/110円

三井住友銀行渋谷駅前支店以外  440円/220円

・他行 770円/550円

・ゆうちょ銀行 一律66円

【LINKShare】

auPayマーケット商品のアフェリエイトが可能なため利用

 

現在の収益はGoogle AdSenseで約200円。出金は8,000円以上にならないとできないようなので、出金できる日が来るのか、来ないのか。楽しみながらチャレンジしていきます。

月3万円_お小遣い制お父さんの2022年収支計画

f:id:manabilife:20211123011721p:plain

2022年度の月3万円のお小遣いの使い道(収支計画)です。

【支出】33,502

・昼食費 4,400円(200円×22日)

・夜食費 4,400円(200円×22日)

・通信費 660円(IIJMIO(eSIM)4メガ)

auスマートパスプレミアム 548円

コンタクトレンズ 1,694円

・散髪 1,800円

・つみたてNISA 2万円

※上記以外にAmazon primeの年会費4,900円が固定費としてかかる。Amazonでの買い物の機会が極端に減っているので、Amazon primeは解約も検討。

※今年は楽天モバイルの無料期間なので通信費はゼロ円でしたが、来年以降はIIJMIOのギガプラン(eSIM_4M)と楽天モバイルのデュアルSIMで運用予定。

このままだと1ヶ月の収支はマイナス。夜食費を抑えるのと、散髪は実質2ヶ月に一回ぐらいなのでもう少し抑えられるが、投資以外の支出を1万円以下に抑えるのが目標。昼食代を絞るために日曜にまとめてお惣菜を作り置きして、外で買わないようにするのも1つの手段になりそう。夜食禁止も検討。積立NISAは2万円を目標にしているが、お小遣い以外での収益が伸び悩むなら、積立額を減らす必要がある。

【お小遣い以外の収入】

・仮想通貨投資

・メキシコペソスワップ投資

・ブログアフェリエイト

今年は仮想通貨バブルということもあり、月平均1万円程度の利益が出たので、ある程度生活費や再投資に充当できたが、来年度同様の利益が出る事はあてにせず、利益が出たらラッキー程度で継続。最低限月平均4,000円(年間48,000円)程度の収益があると、月2万投資に回せる。月1万円程度のプラス収益があると、優雅な生活ができるので、目標は月1万(年間12万)の収益。2020年はスマホを新規購入したいのでなんとか収益を得たいところ。

 

不安要素としては、妻がお小遣いをさらに削減する機会を伺っていること。なんとか現状の3万円を維持できるかどうかが2020年度の最重要課題。

 

発達障害&不登校児の通信制高校準備〜「すらら」と「デキタス」の比較〜

f:id:manabilife:20211121181627p:plain

ここまで、発達障害&不登校児の通信制高校準備として、4つのネット教材を紹介してきました。発達障害通信制高校の入学準備という視点で重要なのは「無学年制」「学習管理と進捗管理」という2点。この点で評価すると、オススメ教材の順位は以下になります。

1位:スタディサプリ個別指導コース

2位:すらら

3位:スマイルゼミ

4位:チャレンジタッチ

調査を続ける中で、すらら同様、経済産業省の「未来の教室」の実証事業に採択されている、城南進学研究社の「デキタス」も、条件を満たしている教材と判断できるので調べてみました。

【デキタスでの学習の流れ】

①1単元5分程度の動画で理解

②○✕問題で理解度確認

③基本問題で定着

④基本問題80%正解でチャレンジ問題に挑戦

⑤「キミ問」で間違えた問題の解き直し

単元ごとに「戻り学習」と「先取り学習」へのリンクボタンがあるので、苦手な単元については遡り学習が可能。

【すららとデキタスの違い】

①授業動画

「すらら」が動画の途中途中に問題が組み込まれているのに対し、デキタスは5分程度の動画と○✕問題が別れている。集中して動画を見るなら「すらら」。途中で問題が挟まるのが煩わしいと思うなら「デキタス」がおすすめ。

②遡り機能

「すらら」は間違いに応じて自動で遡り。一方「デキタス」は必要に応じて手動で遡り単元のリンクを押して遡り学習。

③サポート体制

「すらら」は「すららコーチ」による生徒・保護者に対するサポートや声掛け、学習計画を提案。「デキタス」は自己管理か保護者によるサポートが必要。

④料金

「すらら」10,978円(中学生5教科・入会金7,700円)

「デキタス」4,400円(中学生5教科・入会金無料)

どちらも専用タブレットは不要なので、「すららコーチ」によるサポートと「遡りが自動か手動か」の違いが価格差と考えて良さそうです。

 

順位をつけるのであれば、料金の差はありますが、「自動遡り」と「学習管理・進捗管理」のメリットを考えると「すらら」「デキタス」の順になりそうです。ある程度の自己管理や保護者のサポートが可能であれば、「デキタス」も選択肢の1つになりそうです。入会金無料で専用タブレットも不要なので、一度試してみて、うまく学習が進まなければ「すらら」に切り替えるのも1つの手ですね。

auPayチャージお得キャンペーン_2021年11月30日&12月31日期限

f:id:manabilife:20211123095207p:plain

auPayマーケット限定ポイントに1.5倍増量など、Pontaポイントは他のポイントよりもお得に利用できます。Pontaポイントを獲得する1つの手段がauPayの利用ですが、どうせならキャンペーンが利用できるときにチャージするのがお得。2021年11月23日現在、auPayへのチャージ関連では2つのキャンペーンが実施されています。

auじぶん銀行から1万円以上チャージすると抽選で最大5万円

(期間)2021年11月19日〜2021年12月31日

(内容)auじぶん銀行から1万円以上チャージで抽選で最大5万円

1等_5万円(60名)

2等_1万円(100名)

3等_1000円(500名)

4等_100円(5000名)

auじぶん銀行から初めてチャージする場合、免許証やスマホ撮影による本人認証が必要で、認証に数日かかるようなので、早めに本人認証を済ませておく必要があります。

②auPayカード1億Pontaポイント山分け

(期間)2021年11月30日まで(要エントリー)

(内容)期間中に3万円以上のカード利用で1億Pontaポイント山分け(上限1,000Pontaポイント)。さらに70,000Pontaポイント(抽選で100名)

auPAYチャージで3万円を利用した場合は1%還元なので、通常の300Pontaポイントも付与されます。

 

他にも、11月30日までのキャンペーンで、セブンイレブンで500円以上のauPay支払いで10,000ポイント(777名)、2,000ポイント(7777名)のキャンペーンもトライしてみる価値はありそうですね。

 

auPayやPontaポイントは使い勝手がいいので、キャンペーン中にチャージをしてお得に利用したいですね。

 

信頼の歯科専売品_高コスパ歯ブラシ「タフト24」

f:id:manabilife:20211121153222p:plain

「歯を健康に保ちたい」 「歯ブラシは種類がありすぎて何を選んでいいかわからない」 「できるだけコスパのいい歯ブラシを選びたい」 そんな人にオススメなのが「タフト24」です。ネット上の口コミでも常に高評価で、歯科専売品なので通常の店舗では取り扱いがありませんが、Amazonなどで購入が可能です。10本で1,200円前後、25本で2,700円前後で販売しているので、普段よく使っているネットショップのポイントやクーポンなどを組み合わせると、お得に購入できると思います。

 

毛の硬さは、6種類

・ESS(エクストラスーパーソフト)

・SS(スーパーソフト)

・S(ソフト)

・MS(ミディアムソフト)

・M(ミディアム)

・MH(ミディアムハード)

 

まずは、MSで試してみて、お好みで調整したらいいと思います。後はストックが切れたときやクーポンなどで安く買えるときに購入しておくといいと思います。

www.oralcare.co.jp

最強ポイント運用は「PayPayポイント運用」

f:id:manabilife:20211121113925p:plain

溜まったポイントを運用できる「ポイント運用」のサービスが広がっています。ほったらかしで増えていく可能性があるので、すぐに使う予定がなければ運用に回すのも1つの手段ですが、含み損を抱えると下ろしづらくなるもの。2021年11月時点ではどのポイント運用もプラスになっている可能性が高いと思いますが、今後いつ下落してもおかしくありません。投資先や値動き、手数料が曖昧な「ポイント運用」よりも、ポイントは早めに消費して、浮いた現金を投資資金に回したほうが効率的に資産を増やす事ができます。したがって、「ポイントはすぐ使う」が基本です。特にPontaポイントはauPayマーケット限定ポイントに交換すれば1.5倍に増量できるので、ポイント運用に回すよりもお得です。

 

ただし、次の条件を満たす場合はポイント運用の利用を考えるのも1つの手段です。

①比較的長期間使い道がない

②定期的に積立できる(ドルコスト平均法で運用できる)

毎月一定額が決まって獲得できるわけではない「ポイント」を使った運用は、②の条件を満たすのが難しいと思います。この条件を満たす可能性がある「ポイント運用」は2つ。「PayPayポイント運用」と「エポスポイント運用」です。

 

【PayPayポイント運用】

Paypayポイント運用は、獲得ポイントが自動的に運用に回るので、自動的に時間分散されるのが魅力です。また、チャレンジコースはアメリカ株にレバレッジ3倍で投資されます。現金での投資でレバレッジ3倍の投資先は躊躇してしまいますが、ポイント運用だからこそ許容できる投資先になるのではないでしょうか。2021年11月20日時点で52.67%の運用益になっています(あくまで、ポイント運用なので少額です)。

【エポスポイント投資(体験ゲーム)

エポスカード利用者限定にはなりますが、エポスポイントが毎月一定額入るのであれば、「エポスポイント投資(体験ゲーム)」も1つの投資先になります。

エポスカードのアプリからアクセスできる「エポスポイント投資(体験ゲーム)」は「エポスポイント」を4つの投資先から選んで投資できます。私は世界成長株に投資する「よくばりコース」に投資していますが、2021年11月20日時点で、7.8%の運用益が出ています。エポスカードを利用したポイントは定期的に加算されるので、手動ではありますが、毎月一定のポイントを継続して積立できるので、「まぁやってもいいか」程度の軽い気持ちで運用しています。エポスポイントの交換先は現在はPontaポイント一択なので、Pontaポイントが不足した時点で、ポイント運用は引き上げる予定です。