manabilife

教育・仕事・生活

「教科書で学ぶ世界史」ソ連邦解体

●ゴルバチョフ就任前の状況 ・世界的な民主化の流れ ・核軍拡競争(経済的負担の増大) ・中ソ対立 アメリカと対決路線だった毛沢東が、ソ連は平和共存路線を批判。ソ連は1960年に中国への経済援助を停止し、1969年には国境で軍事衝突。 ●ゴルバチョフ書記長…

「教科書で学ぶ世界史」第一次中東戦争(パレスチナ戦争)って何?

●パレスチナって何? BC1500年:遊牧民であったヘブライ人(ユダヤ人)がパレスチナに定住 BC538年:バビロン捕囚から解放されユダヤ人がイェルサレムに帰国 イェルサレムにヤハウェの神殿を再興。ユダヤ教を確立 1071年:セルジューク朝がイェルサレム占領 …

「教科書で学ぶ世界史」右翼左翼とフランス革命

●左翼・右翼って何? goo辞書より 左翼 フランス革命当時、議会で議長席から見て左方に急進派のジャコバン派がいたことから、社会主義・共産主義・無政府主義などの革新的な思想。またそのような人・団体。 右翼 フランス革命当時、議会で議長席から見て右方…

「教科書で学ぶ世界史」中華民国の成立

●列強による中国分割 日清戦争(1894年〜1895年)での清の敗北をきっかけに、日本・ロシア・ドイツ・フランス・イギリスなどの列強は清朝領土内での鉄道敷設・鉱山採掘などの利権獲得競争に乗り出した。 ●義和団事件(1901年) 山東の農村の自警団組織を基盤…

「教科書で学ぶ世界史」グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

●ウェールズの併合 1536年:ウェールズ(ケルト系)イギリス併合 ●アイルランドの植民地化 1603年:スチュアート朝成立 スコットランド出身のスチュアート家のジェームズ1世(スコットランドではジェームズ6世)が王位を継ぐ(スコットランドとの同君連合)…

「教科書で学ぶ世界史」アメリカ独立革命

●13植民地の成立 1607年:ヴァージニア植民地建設 1620年:メイフラワー号でピューリタンの一団がプリマスに定住 1664年:ニューアムステルダム(蘭)を奪いニューヨークと改称 1732年ジョージア植民地建設(13植民地の建設) 1755年〜1763年:フレンチ=イ…

「教科書で学ぶ現代社会」イランとアメリカの関係

●イランとアメリカはなんで対立しているの? (1979年イラン=イスラーム革命) 1963年、アメリカが援助するパフレヴィー2世の白色革命によるイランの近代化が進んだ。しかし、その後貧富の差が拡大しデモ・暴動が多発。 1979年、シーア派指導者ホメイニを中…

「教科書で学ぶ世界史」啓蒙思想って何?

●啓蒙思想って何? ロック(英)の影響を受けつつ、理性を重視し非合理的なものを徹底的に批判し、民衆のなかに正しい知識を広めることによって、新しい社会をつくろうとする思想。 ※ロック「統治二論(市民政府二論)」 各人が生命・自由・財産の権利を代表…

「教科書で学ぶ世界史」1648年ウェストファリア条約〜ヨーロッパ主権国家の形成〜

●ドイツ三十年戦争の発端 神聖ローマ帝国内に大小の領邦が分立していたドイツでは、主権国家の形成が遅れていた。1618年、オーストリアの属領ベーメン(ボヘミア)の新教徒が、ハプスブルク家によるカトリック信仰の強制に反抗したのをきっかけに三十年戦争…

「教科書で学ぶ世界史」ティムール朝の首都サマルカンド

●ティムール朝の興亡 14世紀半ば頃、中央アジアのチャガタイ=ハン国は東西に分裂した。西チャガタイ=ハン国出身のティムールは、1370年にティムール朝を開き、西トルキスタンを統一した後、西進してイル=ハン国が滅亡した後のイランからイラクに至る領土…

「教科書で学ぶ世界史」清の辮髪令

●清の建国 中国の東北地方には、農牧・狩猟生活を営む女真(のちに満州と改称)が住み、明の支配を受けていた。16世紀末、ヌルハチが自立して女真諸部族を従え、1616年に後金を建国。二代のホンタイジは、内モンゴルのチャハルを従え、支配下の満州人・漢人…

唐の都(長安)と宗の都(開封)の違い

●唐の滅亡 9世紀後半、塩の密売人の黄巣がおこした反乱(黄巣の乱)が全国に広がり、10世紀初めに節度使(傭兵の指揮官)の朱全忠に滅ぼさた。朱全中は開封(かいほう)を都として後梁を建国した。以降50余年間に華北では有力節度使のたてた五つの王朝が交代…

「教科書で学ぶ世界史」科挙って何?

●郷挙里選(前漢〜後漢) 皇帝から派遣された地方長官は、郷里の評判にもとづき、官僚候補者として人口20万人につき1人の優秀な人材を中央政府に推薦した。 ●九品中正(魏→西晋→東晋→北魏→随初期) 魏の文帝(曹丕)によって定められた制度。中央から派遣さ…

「教科書で学ぶ世界史」カリフとスルタンの違いって何?

●「カリフ」って何? 「カリフ」はハリーファ(後継者)の意味のヨーロッパなまり。イスラーム社会の最高権威者。 ●「正統カリフ」って何? ムハンマドの死後、イスラーム教徒たちによって選ばれたカリフ。クライシュ族の中から選ばれ、4代目のアリーまでが…

「教科書で学ぶ世界史」剣闘士の生活

●剣闘士って何? 古代ローマの円形闘技場で行われていた見世物。初期は競技場に水を張り、模擬海戦が行われたが、後には剣闘士同士や動物同士、人間と動物との生死をかけた試合が行われた。これらの見世物は、ローマ市民に無料で開放された。 ローマのコロッ…

「教科書で学ぶ世界史」ギリシア哲学

●万物の根源(アルケー)は何か? ・タレス(BC624ごろ〜BC546ごろ)⇒水 ・アナクシマンドロス(BC610ごろ〜BC547ごろ)⇒無限なるもの ・アナクシメネス(BC585ごろ〜BC528ごろ)⇒空気 ・ヘラクレイトス(BC544ごろ〜)⇒火 「万物は流転する」 ・パルメニデス(BC51…

「教科書で学ぶ世界史」イスラーム教の成立

①イスラーム教の成立 570年頃:ムハンマド、メッカに生まれる 610年頃:ムハンマド、神の啓示を受け預言者に 622年:ムハンマド、ヤスリブ(メディナ)に移る(ヒジュラ=聖遷) 630年:ムハンマド、メッカを占領 632年:ムハンマド病没 ムハンマドはメッカ…

「教科書で学ぶ現代社会」シリア内戦

①反政府勢力最後の拠点への空爆(12/25 NHK NEWS WEB) 内戦が続くシリアで、アサド政権側による反政府勢力の最後の拠点、イドリブへの攻撃が激化している。アサド政権とその後ろ盾のロシアは、この一週間でシリア北西部イドリブ県の町、マーラト・ヌーマン…

manabi map ver.2

A.教養系 A-1英語 A-2数学 A-3国語 A-4理科(化学・物理・生物・地学) A-5社会(地理・日本史・世界史・現代社会・倫理・政治経済) A-6美術 B.仕事系 B-1指導技術 B-2教育事例 B-3勉強法 B-4モチベーション管理 B-5仕事術 C.生活系 C-1節約術 C-2ブログ運営…

「教科書で学ぶ現代社会」アフガニスタン情勢

①アフガニスタンの現状 旧ソ連の侵攻から40年、12月4日には医師の中村哲さんが銃撃され死亡するなど、治安の悪化に歯止めがかからない状況が続いている。 2011年の「9.11テロ」後の米軍によるアフガン攻撃によって、タリバーン政権は崩壊したが、5年前に米軍…

「教科書で学ぶ現代社会」中国現代史と香港デモ

①香港で、ウイグル族人権状況の改善抗議集会 政府や警察への抗議活動が半年余り続く香港で、12月22日午後に、ウイグル族の人権状況に対する抗議集会が行われた。中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区ではイスラム教徒のウイグル族が、当局の施設に不当に…

「教科書で学ぶ世界史」キリスト教の歴史

①ユダヤ教・キリスト教の変遷(概略) ユダヤ教 →キリスト教 →アリウス派(異端)→ゲルマン人へ →ネストリウス派(異端)→ササン朝へ →アタナシウス派 →ギリシア正教会→東欧へ →ローマ=カトリック →(イエズス会)→中南米・アジアへ →(プロテスタント)ル…

教科書で学ぶ現代社会「インド市民権改正法をめぐるデモ」

①インドの「反イスラム法」抗議デモ インドで新たに制定された「市民権改正法(CAA)」が、反イスラム的だと批判されている問題で、12月16日に新たなデモが行われた。新法は、パキスタン・アフガニスタン・バングラデシュの隣国3か国から入国した非イスラム教…

教科書で学ぶ現代社会「イギリスEU離脱問題」

①EU離脱をめぐる状況 〈イギリス総選挙はEU離脱を掲げる保守党が大勝〉 12月12日に行われたイギリスの総選挙は、EUからの離脱を掲げる与党・保守党が過半数(326/650議席)を越える365議席を獲得して大勝した。これにより2020年1月末までのEU離脱が確実な情…

「教科書で学ぶ世界史」冷戦後の世界

①冷戦の終結(1989年) 1985年にソ連の書記長に就任したゴルバチョフは、いきづまった社会主義体制を立て直すため、情報公開による言論の自由化や国内の改革(ペレストロイカ)を提唱し、柔軟な「新思考外交」の推進も表明した。また、アメリカ合衆国のレー…

「教科書で学ぶ世界史」戦後〜オイルショックまで(1945年〜1973年)

①国際連合発足(1945) 1945年4月〜6月、連合国50ヵ国が参加したサンフランシスコ会議で正式に採択され、同年10月に国際連合が発足した。本部はニューヨークに置かれ、英・米・仏・ソ・中の5大国が拒否権を持つ安全保障理事会を設置し、国際紛争解決のための…

「教科書で学ぶ世界史」第二次世界大戦

①ナチス=ドイツの侵略と開戦 ・ドイツ民族統合を名目にオーストリアを併合(1938年) ・ミュンヘン会談→ズデーデン地方併合(1938年) ・チェコスロヴァキア解体(1939年) ・独ソ不可侵条約(1939年8月末) ・ポーランド侵攻(1939年9月1日) ドイツはポー…

「教科書で学ぶ世界史」戦間期〜民族運動とファシズム〜

①第一次世界大戦後の民族運動 第一次世界大戦による列強の資本主義勢力の後退は、東アジアに空前の好景気をもたらした。また、合衆国ウィルソン大統領による民族自決原則の提唱、ロシア革命の成功などは、知識人や労働者に大きな影響を与え、東アジア各地で…

「教科書で学ぶ世界史」第一次世界大戦(1914年〜1918年)

①オーストリアがボスニア・ヘルツェゴヴィナを併合(1908) オーストリア(ゲルマン系)がボスニア・ヘルツェゴヴィナ(スラブ系)を併合 ※ボスニア・ヘルツェゴヴィナはかつてからスラブ系のセルビアが編入を望んでいた →スラブ系民族主義者の反発 ②ロシア…

「教科書で学ぶ世界史」19世紀後半〜20世紀初頭

①アメリカ 〈南北戦争とその結果〉 第七代のジャクソン大統領の時代には西部開拓が推進された。ジャクソン大統領は南部をおもな基盤とする民主党の結成を促進した。南部諸州が、連邦議会における優位を維持するため、西部に奴隷制を拡大しようとしたのに対し…