manabilife

教育・仕事・生活

勉強法

想起練習で使える知識をみにつける

「使える脳の鍛え方ー成功する学習の科学ー(NTT出版)」を参考に、効果的な学習方法を検討する。 ①効果的な学習の流れ 学習の目標を「いつでも知識が使える状態にする事」として、「使える脳の鍛え方」を参考に、効果的なが学習手順を以下のように定め、実…

「FACT BOOK」と「きりはらの森」で瞬間英作文トレーニング

「一億人の英文法」の著者、大西泰人氏とポール・マクベイ氏による文法書「FACT BOOK」は、もともと高校生向けの学校教材だったという事もあり「一億人の英文法」の内容を、受験向けの文法項目ごとに再編集したような構成になっています。 どちらかを休みの…

mikanの2秒設定は最強の単語学習説

無料単語学習のアプリとして、「スタディサプリ英単語」に絞って取り組んでいましたが、「mikan」のスピード感も捨てがたいので、定着率を高める効果的な利用方法を探索していました。 「mikan」の弱点は、無料利用だと日本語→英語の確認ができないこと。つ…

ゼロからの英語学習プラン

英語の学習で意識しているのは次の4点 ①中学生の学習に応用できること ②できるだけお金をかけずに取り組めること ③自由に活用できる状態を目指すこと ④TOEICのスコアを上げること 中学生を指導している以上、私自身も中学生への学習アドバイスにつながる実…

英単語無料アプリは「スタディサプリ英単語」一択

今まで、英単語の学習は無料アプリの「スタディサプリ英単語」と「Mikan」を併用していました。 「スタディサプリ英単語」のメリットは、「日本語→英語」の確認ができる事。 「Mikan」は「日本語→英語」の確認はできませんが、高速で単語の確認ができること…

英語の学習は手書きとタイピングのどちらが効果的か

英語の学習は、リピーティングやシャドウイングなどの音声学習を考えると、アプリを使った学習が効果的だと考えています。 単語学習では「mikan」と「スタディサプリ英単語」TOEIC対策に「Abceed」、英作文学習に「Ginger Page」など、複数のアプリを書籍と…

英語の学び方~只管朗読で英語の種火を作る~

英語の学習方法は、國弘正雄氏が提唱していた「只菅朗読(しかんろうどく)」を推奨しています。曹洞宗の開祖、道元禅師の「只管打坐(しかんだざ)」をヒントに命名した学習方法ですが、使える英語を身につけるためにも是非取り入れたい学習方法です。 「只…

心情語マップ作成が小説読解の鍵

「国語の得点力を上げるにはどうすればいい?」という相談は、毎年多くの生徒・保護から出てきます。国語の成績、特に読解力を鍛える方法論を提示できるかどうかは学習塾の生命線だと考えています。今日は、読解問題の一つである「小説」の得点力を上げるに…

英単語の練習は「Mikan」と「スタディーサプリ英単語」の併用がおすすめ

英単語の勉強は、発音の確認ができたり、間違えた問題を自動的に振り分けてくれるので、アプリの利用が効果的だと考えています。 無料の単語アプリで評価が高いのは「Mikan」と「スタディーサプリ英単語」。どちらも一長一短があるので、使い分ける事でより…

4技能を身につける中学生の英語勉強法

新学年になり、気持ちも新たに「勉強頑張ろう!!」って考えいてる中学生も多いと思います。そこで、おすすめの英語勉強法をご紹介します。 にほんブログ村 ベースにしているのは、同時通訳の神様と呼ばれ、只管朗読(しかんろうどく)を推奨していた國弘正…

読解力を鍛える3つの方法論

新井紀子氏の著書「AI vs 教科書が読めない子どもたち」によると、「読解力」と「偏差値」には極めて高い相関があるといいます。 AI vs. 教科書が読めない子どもたち 作者: 新井紀子 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/02/02 メディア: 単行本 …