manabilife

教育・節約・投資

高コスパビジネスリュック「ワークマン BASICバックパックⅡ」

「B4サイズの書類やお弁当箱、折りたたみ傘などある程度の収納力のあるビジネスリュックが欲しい」

「ビジネス用途に利用しても見た目的に問題ないビジネスリュックが欲しい」

「価格はできるだけ安く済ませたい」

 

こんなニーズにぴったりなのが、「ワークマンのBASIC バックパック」です。

CORDURA生地の「BASICバックパック 1,900円」防水生地を使用した「BASIC バックパックⅡ 2,900円」の二種類があります。

workman.jp

workman.jp

従来の「BASIC バックパック」は以前16Lと表記されていましたが、現在ホームページ上では「BASICバックパックⅡ」同様23Lと表記されており、サイズはほぼ同じと思われます。

 

「BASICバックパック」のタグ表記

縦約44cm×横約28cm×幅約13cm 約16L

 

「BASIC バックパックⅡ」のタグ表記

縦約43cm×横約23cm×幅約8cm 約23L

 

明らかに、サイズ表記がおかしく、実際のBASICバックパックⅡの幅は約13cmあります(主室の幅が約8cm)。「BASICバックパック」は、店舗に在庫があれば現物を確認できますが、「BASICバックパックⅡ」はネットからの店舗取り寄せのみため、現物を確認して購入することができません。サイズ感を確認したければ、「BASICバックパック」の在庫がある店舗をオンラインストアで検索して確認するか、各種レビュー記事を参考にするのが良いと思います。

 

BASICバックパックの質感と容量については「田中傑 北海道の酪農家」さんのこちらの動画が参考になります↓

youtu.be

BASICバックパックⅡの質感については「生地のよろず屋ナイロンポリエステル」さんのこちらの動画が参考になります↓

youtu.be

最終判断は、1,000円の価格差と生地の質感・防水の有無だと思いますが、どちらも見た目的にはビジネスリュックとして利用しても問題ない職場が多いと思います。

 

在庫切れでなかなか手に入らないという問題はあるものの、高コスパビジネスリュックである事は間違いありません。