manabilife

教育・仕事・生活

米国高配当ETFの外貨決済はSBI銀行の外貨積立とSBI証券定期買付で自動化

買付がf:id:manabilife:20210808223147p:plain

「米国高配当ETFを購入したいけど、面倒くさいのは嫌」

「外貨決済の方が円貨決済よりオトクそうだけど面倒くさいのは嫌」

投資信託の定期積立のように米国高配当ETFを購入したい」

これらの、希望を叶えるのが、住信SBIネット銀行の外貨積立&SBI証券ETF定期買付です。

 

住信SBIネット銀行の外貨積立は手数料が2銭なので、円貨決済で米国ETFを購入する際の為替手数料25銭に比べ格安です。また、外貨積立の購入金額や購入時期は住信SBIネット銀行のアプリで簡単に申込・変更が可能です。購入した外貨は、「外貨即時決済サービス」で簡単に住信SBIネット銀行の口座と連携できます。ただし、SBI証券への入金はアプリからはできず、Webサイトからになるので、ほんのちょっとだけ手間がかかります。

 

そして、SBI証券では、米国高配当ETFが1株から定期買付できるので、一度申込めば、設定した日に自動で購入できます。外貨即時決済サービスへの振替を細々とやるのは煩わしいので、積立てた外貨を半年に1度程度まとめて振替すれば、後は自動で毎月高配当ETFを購入する事ができます。

 

高配当ETFを長期保有する予定で、配当金を再投資に使うつもりであれば、一々円に換金する手数料を無駄に払うよりは、住信SBIネット銀行の外貨積立&SBI証券ETF定期買付を利用した方が、それほど手間をかけずにお得に運用できます。

 

ETFの定期買付はアプリではできず、Webサイトからになり、ETFの購入画面まで行き着くのが多少ややこしく面倒くさいですが、一度登録してしまえばその後は自動で買付できるので、他の証券会社よりもSBI証券がお勧めです。

 

「外貨即時決済サービス」と「米国ETFの定期買付と変更」がアプリでできるように慣れば、さらに面倒くささゼロに近づきますが、今の状態でも、一度設定すればほとんどほったらかしで米国高配当ETFの定期買付ができます。米国高配当ETFに興味がある方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。