manabilife

教育・節約・投資

2021年のクレジットカード戦略

f:id:manabilife:20210322120410p:plain

クレジットカードは一つに絞ってポイントを集約するという戦略もありますが、今ではポイント移行手段やスマホ決済の利用などで、ポイントが分散しても無駄なくポイントを消費する事ができるようになっています。どのカードで何の支払いをするかさえ決めておけば、さほど手間なくお得にポイントを活用できます。使う場所と使うカードを1対1で対応させるのが2021年のクレジットカード戦略です。実際は三井住友カードナンバーレスの新規申込者20%還元や、aupayカードの新規申込者5%還元(au回線利用者)などのキャンペーンなどもあるので、キャンペーンを優先していますが、実際に外出時に持ち出す必要があるのはコンビニ利用の三井住友ナンバーレスとLinepayクレジットカードの2枚です。

 

楽天カード楽天銀行楽天証券楽天市場楽天pay

(用途)楽天市場楽天証券(つみたてNISA購入)

(紐付口座)楽天銀行

(ポイント)楽天ポイント

(出口)楽天pay

 

②aupayカード→auじぶん銀行・aupayマーケット・aupay

(用途)au回線支払い・aupayマーケット・aupayチャージ(1%還元)

(紐付口座)auじぶん銀行

(ポイント)Pontaポイント

(出口)aupayマーケット・aupayチャージ

 

ビックカメラSuicaカード→Suicaチャージ

(用途)Suicaチャージで1.5%還元

(紐付口座)住信SBIネット銀行

(ポイント)JREポイント

(出口)Suicaチャージ

 

三井住友カードナンバーレス→コンビニ利用

(用途)セブンイレブン・ローソン・マクドナルド(タッチ決済で5%)

(紐付口座)住信SBIネット銀行

(ポイント)Vポイント

(出口)Vポイント残高チャージ→SuicaAmazonチャージ

 

Amazonクラシックカード→Amazon

(用途)Amazon(2%還元)

(紐付口座)住信SBIネット銀行

(ポイント)Amazonポイント

(出口)Amazon

 

⑥Linepayクレジットカード

(用途)メインカード(4月末まで3%還元・5月から2%還元)

※100円単位でポイントがつくのではないので小額の決済が多い人にとっては実質高還元。

(紐付口座)住信SBIネット銀行

(ポイント)Lineポイント

(出口)Line証券ポイント投資→LinePay残高→LinePayプリペイドカード利用

 

枚数が多いですが、ネット利用中心のものが多いので特に煩わしさはありません。手帳型のスマホケースと組み合わせれば、財布いらずでほぼキャッシュレス生活も可能です。クレジットカードの新規申込特典がさかんな時期なので、モッピーなどのポイントサイトを活用すれば、さらにお得にクレジットカード戦略を組み立てる事ができるのでおすすめです。

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!