manabilife

教育・節約・投資

メキシコ関連ニュース_2021年9月6日〜9月12日

f:id:manabilife:20210912154807p:plain

現在、5.4円のポジションでスワップ投資を継続中。しばらくはチャートも気にせず放ったらかしスワップ投資ができそうです。米国への依存度が高く、移民問題や貧困問題などもありますが、他の新興国通貨スワップ投資に比べ、大暴落のリスクは低いのではないかと感じています。「魅力的な都市」ベスト10のうち、10都市がメキシコの都市が占めており、かつその中にはカンクンなどのリゾート地が入っていない事も考えると、コロナ収束後の観光業再興のポテンシャルも秘めている面白い国だと思います。今週のニュース記事の概要です。

【9月11日:外為どっとコム

9日に発表されたメキシコ8月消費者物価指数は前年比+5.59%で予想と一致。前月の+5.81%から鈍化したが、メキシコ中銀のインフレ目標(2〜4%)を上回る水準で高止まりした。ただ、中銀が8月会合で示した10−11月期のインフレ率見通し(5.7%)を下回ってきた。9月30日会合での追加利上げは微妙な情勢。

また、この日は米国とメキシコの政府高官が4年ぶりに「ハイレベル経済対話」を開催新型コロナウイルスの感染拡大で自動車部品の供給が滞ったことを受け、サプライチェーン(供給網)強化の作業部会設置で合意した。米国を最大の貿易相手とするメキシコにとって好材料と言えそう。

www.gaitame.com

【9月10日:レスポンス】

日産自動車は9月10日、191年に開始したメキシコ事業が60周年の節目を迎えたことを発表。2022年の下期に「e−POWER」を搭載したモデルを同国で発売することを発表した。日産は1966年に、海外初の生産工場となるクエルナバカに工場を設立。その後、アグアスカリエンテスにパワートレイン工場と車両工場を設立。これまでの55年間、日産はメキシコにて1400万台以上の自動車と1500万基以上のエンジンを生産してきた。

news.yahoo.co.jp

【9月9日:JETRO

川崎重工業は8月30日付けのプレスリリースで、北米向けオフロード四輪事業強化に向け、メキシコ現地法人カワサキ・モト−レス・デ・メヒコおよび、米国現地法人カワサキ・モーターズ・マニュファクチャリングの生産設備を新設することを発表。米国国際貿易委員会(USITC)のデータによると、米国のATVの輸入額は年々拡大しており、2020年の輸入額は17億8,090万ドルと5年前の2015年比で31.1%拡大。そのうちメキシコ製が56.4%を占め、同77.3%増加している。

リンナイは9月2日付のプレスリリースにおいて、米国子会社リンナイアメリカがメキシコの業務用給湯器システムでトップメーカーのインドゥストリアル・マス(IM)の全株式を取得したと発表。IMは、メキシコ国内の業務用給湯器市場の3分の1を占める大手メーカーで、リンナイは今回の買収により中南米地域での事業拡大とブランド認知度の向上に取り組むとしている。

www.jetro.go.jp

【9月10日:外為どっとコム

メキシコの経常黒字は7.94億ドルと小さいが、第二次所得収支は233.1億ドルの黒字。これは主に米国のメキシコ人労働者からの仕送り。これがメキシコペソの支えとなっている。メキシコの対外債務の利払いなどの収支である第一次所得収支は168.78億ドルの赤字。貿易サービス収支は56.4億ドルの赤字。仕送りがそれらの赤字を相殺している珍しい国。

www.gaitame.com

【9月10日:ロイター】

メキシコ中銀のディアスデレオン総裁は9日、ビットコインについて、中銀が発行する「進化した」不換紙幣というよりは物々交換の手段に近く、リスクの高い投資で、価値を維持する能力に乏しいという認識を示した。7日に中米エルサルバドルビットコイン法定通貨になったものの、メキシコが近くこうした動きに追随しない可能性を示唆した。

jp.reuters.com

【9月10日:訪日ラボ】

アメリカの老舗旅行専門メディア、トラベル・アンド・レジャーが2021年版の「世界で最も魅力的な都市25」のランキングを発表した。1位はメキシコのサンミゲル・デ・アジェンデで、選考理由としては街自体の美しさ、歴史、人の良さに加え歩きやすさも加味されている。メキシコでは、他に7位にメキシコシティ、8位にオアハカが入った。日本の都市では京都が5位、東京が19位にランクインした。

honichi.com